【ロシアワールドカップ出場国紹介】韓国代表

ロシアW杯出場国紹介:韓国代表

ソン・フンミン今年6月に開幕するロシアワールドカップ。当ブログでは、そんなワールドカップの出場全32か国を1チームずつ紹介していく。
第2回目は、日本と同様アジア最終予選から勝ち上がりを決めた韓国代表だ。

まず、韓国代表がワールドカップ本大会で目標として掲げているノルマは、日本代表と同じく「決勝トーナメント進出」だろう。2010年の南アフリカワールドカップではベスト16入りを果たしたが、前回のブラジル大会ではコンディション調整に失敗し、アルジェリアやベルギーに敗れてグループステージで散った。

さて、今大会は前回大会王者のドイツ代表と、ヨーロッパプレーオフでイタリアを破って突破してきたスウェーデン代表と、ワールドカップベスト16常連国のメキシコ代表と同居するという、云わば「最悪のグループ」に組み込まれてしまった韓国代表。

初戦がスウェーデン戦で、第二戦がメキシコ戦、そして最終戦でドイツ戦と、対戦日程に恵まれたことが不幸中の幸いか。スウェーデン戦、メキシコ戦のどちらかで少なくとも1勝を挙げて、最終節、おそらく連勝でグループ突破を決めて、主力メンバーを温存させるであろうドイツ代表と激突。

この流れが韓国にとって最高のシチュエーションと言えるだろうが、初戦のスウェーデン戦を落としてしまうと、ほとんど突破の可能性は潰えると言って過言ではないだろう。

昨季22得点のフンミンがチームの大黒柱

さて、そんな韓国代表だが、チームを牽引するのはやはりトッテナム・ホットスパーで活躍するソン・フンミンか。昨シーズン、公式戦で通算22得点をマークするというアジア人では桁外れなパフォーマンスを発揮し、一躍欧州にその名を轟かせた。

昨年11月に行われた韓国代表での親善試合でも、南米の強豪コロンビア相手に2得点をマークしてチームを勝利に導いたソン・フンミン。本大会で彼が大暴れすれば、強豪3チーム相手にアップセットを起こすことも…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です