【ロシアワールドカップ出場国紹介】スウェーデン代表

ロシアW杯出場国紹介:スウェーデン代表

イブラヒモビッチ今年6月に開幕するロシアワールドカップ。当ブログでは、そんなワールドカップの出場全32か国を1チームずつ紹介していく。
今回紹介するのは、熾烈なヨーロッパ予選から勝ち上がってきたスウェーデン代表だ。

プレーオフで強豪イタリアを破って3大会ぶり12回目の本戦出場を決めたスウェーデン代表。2002年の日韓ワールドカップではアルゼンチン代表、ナイジェリア代表を退けてグループステージを突破、2006年ドイツ大会でもグループステージを2大会連続で突破したヨーロッパ屈指の強豪だ。

ここ2大会はヨーロッパ予選で姿を消していたが、今回久しぶりに大舞台に舞い戻ってきた。
そんなスウェーデン代表の注目選手は、なんといってもブンデスリーガライプツィヒで活躍するエミル・フォシュベリだろう。

昨シーズンのブンデスリーガでアシスト王を獲得したエミル・フォシュベリは、攻撃のタクトを振って多くの決定機を演出するテクニシャン。ベテランのセバスチャン・ラーションとのコンビネーションも文句なしだ。

初戦の韓国戦が最も重要?

スウェーデンといえば、現在マンチェスター・ユナイテッドに所属しているズラタン・イブラヒモビッチの代表復帰論が絶えないが、彼が仮に本大会前に代表復帰を決めた場合、グループステージの対戦相手であるドイツ代表、韓国代表、メキシコ代表にとってこの上なく驚異な存在になるに違いない。

前回大会覇者のドイツに、過去6大会連続で決勝トーナメントへ勝ち進んでいるメキシコとともに同居するグループステージは、決して簡単なミッションではないが…。

韓国との初戦は是が非でも落とすことのできない試合だが、この試合で勝利をもぎ取ることに成功すれば、勢いに乗ってドイツ、メキシコ相手にアップセットを起こすこと可能性も…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です