ロシア代表

W杯開催国ロシア代表がメンバー発表 ブラジル、フランスと激突

母国リーグの3強から多くの選手が選出

スモロフ現地時間12日、ロシアサッカー協会は今月開催されるインターナショナルマッチウィークにおけるブラジル戦、フランス戦に挑むロシア代表メンバーを発表した。

ワールドカップホスト国であるロシア代表の指揮官スタニスラフ・チェルチェソフは、ロシアリーグの3強CSKAモスクワ、スパルタク・モスクワ、ゼニト・サンクトペテルブルクのチームに所属する選手を中心に、28名を招集した。

アレクサンドル・サメドフ(スパルタク・モスクワ)、アレクサンドル・ココリン(ゼニト)、アラン・ザゴエフ(CSKAモスクワ)、イゴール・アキンフェエフ(CSKAモスクワ)等ロシアリーグで活躍する不動メンバーが順当に選出された。

その他、世代別ドイツ代表経験者のロマン・ノイシュテッター(フェネルバフチェ)や、デニス・チェリシェフ(ビジャレアル)、ウラジミール・ガブロフ(クラブ・ブルージュ)といった国外クラブ所属選手も名を連ねた。

そんなロシア代表は、23日にモスクワでブラジル代表、27日にサンクトペテルブルクでフランス代表と激突する予定となっている。

本大会開幕が100日を切った今、ホスト国ロシアはヨーロッパ、南米のトップオブトップのチーム相手にどれだけの力を発揮することができるだろうか。どちらの試合も、ドローに持ち込むことができれば御の字だろう。

尚、ロシア代表メンバーは以下の通り。

▼GK
アンドレイ・ルニョフ(ゼニト)
イゴール・アキンフェエフ(CSKAモスクワ)
アレクサンドル・セリコフ(スパルタク・モスクワ)
ウラジミール・ガブロフ(クラブ・ブルージュ/ベルギー)

▼DF
ドミトリー・コムバロフ(スパルタク・モスクワ)
アンドレイ・セミョノフ(テレク・グロズヌイ)
イリヤ・クテポフ(スパルタク・モスクワ)
ウラジミール・グラナト(ルビン・カザン)
ヒョードル・クドリャショフ(ルビン・カザン)
コンスタンティン・ラウシュ(ディナモ・モスクワ)
ウラディスラフ・イグナティエフ(ロコモティフ・モスクワ)
イゴール・スモルニコフ(ゼニト)
ユーリ・ジルコフ(ゼニト)
ロマン・ノイシュテッター(フェネルバフチェ/トルコ)

▼MF
ダレル・クズヤエフ(ゼニト)
アレクサンドル・エロヒン(ゼニト)
デニス・グルシャコフ(スパルタク・モスクワ)
ロマン・ゾブニン(スパルタク・モスクワ)
アレクサンドル・サメドフ(スパルタク・モスクワ)
アントン・シュヴェツ(テレク・グロズヌイ)
アントン・ミランチュク(ロコモティフ・モスクワ)
アレクサンドル・ゴロヴィン(CSKAモスクワ)
アラン・ザゴエフ(CSKAモスクワ)
デニス・チェリシェフ(ビジャレアル/スペイン)

▼FW
アントン・ザボロトニー(ゼニト)
アレクセイ・ミランチュク(ロコモティフ・モスクワ)
アレクサンドル・ココリン(ゼニト)
フョードル・スモロフ(FCクラスノダール)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です