メキシコ代表がメンバー発表 チチャリート、ベラら招集

チチャリート、エレーラ等が順当選出

チチャリート現地時間17日、メキシコサッカー協会は今月開催されるインターナショナルマッチウィークにおける2試合に向けたメキシコ代表メンバーを発表した。

今回発表されたメキシコ代表メンバーは、とりわけサプライズのような選出はなく、ロシアワールドカップ北中米カリブ海最終予選を戦った選手を中心とした至って順当なメンバー選考となった。

そこには、プレミアリーグウエスト・ハムでプレーするチチャリートことハビエル・エルナンデスを筆頭に、レアル・ベティスに所属するアンドレス・グアルダード、スタンダール・リエージュの守護神ギジェルモ・オチョア、クラブ・アメリカでプレーするロンドン五輪得点王のオリベ・ペラルタといったワールドカップ経験メンバーが名を連ねた。

その他、アイントラハト・フランクフルトで長谷部誠と共にプレーするマルコ・ファビアンや、メキシコリーグパチューカで本田圭佑と同僚のホルヘ・エルナンデスといった選手の名前もある。

また、MLSのロサンゼルス・ギャラクシーでプレーするジョナタン・ドス・サントスも招集されたが、同じくロサンゼルス・ギャラクシーでプレーするジョナタンの兄であるジオバンニ・ドス・サントスは選外となった。

そんなメキシコ代表は、23日にアイスランド代表と、27日にクロアチア代表とどちらもアメリカで相まみえる。ロシアワールドカップのグループステージで相まみえるスウェーデン代表、ドイツ代表を仮想したマッチメイクとみてよさそうだ。

今回発表されたメキシコ代表メンバーは以下の通り。

▼GK
ホセ・デ・ヘスス・コロナ(クルス・アスル)
アルフレド・タラベラ(トルーカ)
ギジェルモ・オチョア(S・リエージュ)

▼DF
エクトル・モレノ(ソシエダ)
カルロス・サルセド(フランクフルト)
ネストル・アラウホ(サントス・ラグナ)
ウーゴ・アジャラ(ティグレス)
ミゲル・ラユン(セビージャ)
ディエゴ・レジェス(ポルト)
ヘスス・ガジャルド(UNAM)
エドソン・アルバレス(クラブ・アメリカ)

▼MF
アンドレス・グアルダード(ベティス)
マルコ・ファビアン(フランクフルト)
ジョナタン・ドス・サントス(LAギャラクシー)
ロドルフォ・ピサーロ(グアダラハラ)
ジョナサン・ゴンサレス(モンテレイ)
ヘスス・モリーナ(モンテレイ)
ホルヘ・エルナンデス(パチューカ)
エクトル・エレーラ(ポルト)
オマル・ゴベア(ムスクロン)

▼FW
ラウール・ヒメネス(ベンフィカ)
オリベ・ペラルタ(クラブ・アメリカ)
イルビング・ロサノ(PSV)
ハビエル・エルナンデス(ウエスト・ハム)
カルロス・ベラ(ロサンゼルス)
ヘスス・マヌエル・コロナ(ポルト)
ハビエル・アキーノ(ティグレス)
ユルゲン・ダム(ティグレス)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です