日本代表

W杯出場32か国の推定市場価格ランキング発表!日本の順位は…?

ポグバ、グリーズマン等擁するフランスが1位

ポール・ポグバ現地時間22日、ドイツメディア『transfermarkt.com』が、ロシアワールドカップに出場する32ヶ国における推定移籍市場価格ランキングを発表した。

同ランキングは、3月のインターナショナルマッチウィークにおける国際親善試合に招集された選手で、推定市場価値のトータルをメンバー数で割り、「一人当たりの市場価値」を算出したものとなる。

今回、栄えある1位に輝いたのはアトレティコ・マドリーに所属するアントワーヌ・グリエーズマン(1億ユーロ)を筆頭に多くのタレントを擁するフランス代表だ。

その他マンチェスター・ユナイテッドに所属するポール・ポグバ(9000万ユーロ)、パリ・サンジェルマンに所属するキリアン・ムバッペ(1億2000万ユーロ)、バルセロナに所属するウスマンヌ・デンベレ(8000万ユーロ)等、錚々たる顔ぶれがそろうフランス。

一人当たりの平均市場価格は、驚きの4165万ユーロとなった。日本代表に招集された26人の市場価格をトータルすると5075万ユーロになることを考えると、いかに並外れた数値であるかということがわかる。

ちなみに、その日本代表は195万ユーロで24位タイとなった。ボルシア・ドルトムントに所属する香川真司や、レスター・シティに所属する岡崎慎司、サウサンプトンに所属する吉田麻也といったタレントが不在であることが大きく影響し、アジアトップの座を韓国に明け渡している。

尚、『transfermarkt.com』算出ワールドカップ出場32か国の推定移籍市場価格ランキングは以下の通り。

1位-フランス-4165万ユーロ(約54億円)
2位-スペイン-3554万ユーロ(約46億円)
3位-ドイツ-3215万ユーロ(約42億円)
4位-ベルギー-2613万ユーロ(約34億円)
5位-ブラジル-2570万ユーロ(約33億4000万円)
6位-イングランド-2507万ユーロ(約32億6000万円)
7位-アルゼンチン-2360万ユーロ(約30億7000万円)
8位-ポルトガル-2011万ユーロ(約26億円)
9位-ウルグアイ-1596万ユーロ(約20億7000万円)
10位-クロアチア-1277万ユーロ(約16億6000万円)
11位-セネガル-1002万ユーロ(約13億円)
12位-セルビア-907万ユーロ(約12億円)
13位-デンマーク-892万ユーロ(約11億5000万円)
14位-コロンビア-879万ユーロ(約11億4000万円)
15位-ポーランド-873万ユーロ(約11億3000万円)
16位-スイス-686万ユーロ(約9億円)
17位-メキシコ-575万ユーロ(約7億5000万円)
18位-ロシア-500万ユーロ(約6億5000万円)
19位-エジプト-458万ユーロ(約6億円)
19位-スウェーデン-458万ユーロ(約6億円)
21位-モロッコ-457万ユーロ(約5億9000万円)
22位-ナイジェリア-436万ユーロ(約5億6000万円)
23位-韓国-310万ユーロ(約4億円)
24位-日本-195万ユーロ(約2億5000万円)
24位-チュニジア-195万ユーロ(約2億5000万円)
26位-オーストラリア-188万ユーロ(約2億4000万円)
27位-コスタリカ-171万ユーロ(約2億2000万円)
28位-イラン-157万ユーロ(約2億円)
29位-ペルー-140万ユーロ(約1億8000万円)
30位-アイスランド-126万ユーロ(約1億6000万円)
31位-サウジアラビア-73万ユーロ(約9500万円)
32位-パナマ-41万ユーロ(約5300万円)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です