ウクライナ代表

ウクライナ戦で得た課題、収穫 敗戦もマリ戦から改善された点も?

サイドチェンジで相手守備陣を翻弄するシーンも

本田現地時間27日、ベルギー・リエージュのスタンダール・リエージュのホームグラウンドである「スタッド・モーリス・デュフラン」で、「仮想ポーランド」ウクライナ代表と対戦した日本代表。

先制点を奪われた後に、セットプレーからの槙野智章の得点により一時同点とするが、終盤に途中交代の選手に勝ち越しゴールを許して1-2と敗れてしまった。

失意のドローに終わったマリ戦に続いて、今回も勝ち星を逃したハリルジャパンだが、前回の試合から改善された点もあり、内容自体は収穫もいくつかあった。

まず一つに、マリ戦から向上したポイントとして、アタッキングサードまでボールを運ぶ回数が飛躍的に上がったことが挙げられる。
最後の崩しの場面でウクライナの堅守の前に跳ね返されはしたものの、サイドチェンジ等を効果的に使ってウクライナディフェンスを翻弄するシーンもいくつか見受けられた。

裏のスペースを上手く突いて相手の最終ラインを掻い潜るシーンこそ乏しかったが、守備固めの早いウクライナ守備陣相手にストロングポイントを発揮することは少なからずできた。

2列目から走り込む選手が少なく、常に攻撃が停滞していた印象もあるが、この日先発に入った柴崎岳(ヘタフェ)の効果的なパスには攻撃の形の片鱗が見えていたし、ここに本田圭佑(パチューカ)、原口元気(デュッセルドルフ)、あるいは宇佐美貴史(デュッセルドルフ)や小林悠(川崎フロンターレ)といったアタッカーが積極的にゴール前に顔を出すことができるれば、決定機の数も飛躍的に上がるはず。

吉田、酒井、香川等の必要性が浮き彫りに

今回負傷やコンディション不良で招集されていない吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(マルセイユ)、香川真司(ボルシア・ドルトムント)、岡崎慎司(レスター・シティ)といった「元」主力選手の必要性がはっきり浮き彫りになったという点も、まぎれもない収穫と言っていいだろう。

とりわけこの日スタメンに入ったサイドバックの酒井高徳(ハンブルガーSV)は、簡単にボールを失ったり相手ウィンガーのコノブリャンカ(シャルケ)に再三裏を取られる等マイナス面の方がより目立った。

マルセイユでブラジル代表ネイマール(パリ・サンジェルマン)をストップしている酒井宏樹の必要性、重要度を改めて認識することができたし、パスミスを繰り返した植田直通(鹿島アントラーズ)のところにも、本来吉田が入ると考えれば大幅に戦力は上がると考えていいだろう。

ワールドカップメンバー発表まで残すはガーナ戦のみとなったが、今回の欧州遠征で浮き彫りとなった課題を修正し、確認できたストロングポイントを着実に伸ばして本大会を迎えることができるだろうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です