ワールドカップの審判団が正式決定!英国からは80年ぶり「0人」

日本からは佐藤氏、相楽氏が選出される

佐藤隆治 審判現地時間29日、ロシアワールドカップでピッチに立つ審判団を正式に発表した。日本からは、佐藤隆治主審と相楽亨副審がワールドカップに派遣されることが決定した。

ヨーロッパからの派遣が最も多く、10人の審判団がロシアへ派遣される。次いで、南米、アフリカ、北中米カリブ海、アジアから6人、オセアニアから2人が派遣されることとなった。

副審に目を向けてみても、やはりヨーロッパからの派遣が最多で、その数20人。続いて南米からの12人、アフリカとアジアから10人、北中米カリブ海から8人、オセアニアから3人という内訳となっている。

今大会は、46各国からトータル99名の審判が選出されたが、サッカーの母国であるイギリス(イングランド、ウェールズ、北アイルランド、スコットランド)から誰一人選出されなかったことが大きな話題となっている。

クラッテンバーグ氏は選出されず

イギリス人の審判団がワールドカップに派遣されないのは、1938年フランスワールドカップ以来の実に80年ぶりのこととなるそうだ。

2010年の南アフリカワールドカップでは、イングランド出身のハワード・ウェブ氏がスペイン代表対オランダ代表による決勝戦の笛を担当していた。しかし、ビッグコンペティション、ビッグマッチでのホイッスルを拭いてきたこの名審判も、2014年に現役を引退。

その他、ワールドカップ、チャンピオンズリーグでお馴染みのイングランド出身マーク・クラッテンバーグ氏も今回は選外となっている。拠点をイングランドからサウジアラビアへと移したことが影響したようだ。

ちなみに、ワールドカップ本大会に派遣される審判団というのは、皆FIFAのプログラムの受講、FIFAの世代別コンペティションをクリアしている実力者たち。
すなわち、もともとワールドカップ本大会でピッチに立つためにFIFAからトレーニングを受けたメンバー構成であるということが言える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です