オーストラリア代表

【ロシアワールドカップ出場国紹介】オーストラリア代表

ロシアW杯出場国紹介:オーストラリア代表

ティム・ケーヒル今年6月に開幕するロシアワールドカップ。当サイトでは、そんなワールドカップの出場全32か国を1チームずつ紹介していく。
今回紹介するのは、アジア予選から勝ち上がってきたオーストラリア代表だ。

アジア最終予選で3位となった後、シリア代表とのアジアプレーオフを勝利して、さらに北中米カリブ海予選4位のホンジュラス代表との大陸間プレーオフでも勝ち抜いて、辛くもロシアワールドカップの出場権を獲得したサッカルーズ。

本大会ではフランス、ペルー、デンマークと対戦するオーストラリア代表だが、ひとつでも多くの試合で勝ち点を積み上げて、ハリー・キューウェル、マーク・ヴィドゥカといったスターを擁したドイツワールドカップ以来となるベスト16進出を目指す。

ユリッチの爆発に期待

グループステージ突破に向けて、キーマンとなるのはスイスリーグでプレーするエースストライカーのトミ・ユリッチだ。チーム随一の典型的センターフォワードとして、38歳大ベテランのティム・ケーヒルを抑えて爆発力を発揮したいところ。

途中から出場することの多いケーヒルにいつまでも頼っているようでは、グループステージ突破への道は開けない。ユリッチが本戦にコンディションを合わせることができれば、番狂わせを起こすこともあり得るだろう。

昨年行われたワールドカップのプレ大会であるコンフェデレーションズカップで、アジア王者として参戦したオーストラリアは、ドイツ、チリ、カメルーン相手に善戦。グッドルーザーとして大会を去ったが、持ち前のハードワークで世界王者ドイツ、南米王者チリを苦しめるなど目立つ存在だった。

大ベテランのマーク・ミリガン、キャプテンのミレ・ジェディナク、ティム・ケーヒル等にとっては最後の大舞台となるだろうが、なんとかアップセットを起こしたいところだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です