最新FIFAランク発表!W杯グループ別でランキングチェック!

W杯グループリーグ別世界ランキング

田嶋 西野現地時間12日、最新のFIFA世界ランキングが発表された。
先月のベルギー遠征で一勝もできなかった日本は、5ランクダウンで60位へ後退。アジア最上位は36位でイラン、続いて40位にオーストラリア、日本は3番手をキープしている。

また、日本代表がロシアワールドカップのグループステージで対戦するポーランはが4つ順位を下げて10位、コロンビアが16位、セネガルは28位にそれぞれ後退した。

尚、ロシアワールドカップ出場国のグループステージ別世界ランキングは以下の通りとなっている。

▽グループA
ロシア(63位)※ホスト国
サウジアラビア(70位)
エジプト(46位)
ウルグアイ(17位)

▽グループB
ポルトガル(4位)
スペイン(8位)
モロッコ(42位)
イラン(36位)

▽グループC
フランス(7位)
オーストラリア(40位)
ペルー(11位)
デンマーク(12位)

▽グループD
アルゼンチン(5位)
アイスランド(22位)
クロアチア(18位)
ナイジェリア(47位)

▽グループE
ブラジル(2位)
スイス(6位)
コスタリカ(25位)
セルビア(35位)

▽グループF
ドイツ(1位)
メキシコ(15位)
スウェーデン(23位)
韓国(61位)

▽グループG
ベルギー(3位)
パナマ(55位)
チュニジア(14位)
イングランド(13位)

▽グループH
ポーランド(10位)
セネガル(28位)
コロンビア(16位)
日本(60位)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です