中島翔哉

中島の市場価値が2ヶ月間で約7倍に!日本人選手の最新市場価値をチェック

中島の市場価値が500万ユーロ越え?

中島現地時間16日、ドイツの移籍情報専門サイト『transfermarkt』が、最新版のフットボーラー推定市場価値を発表した。今回は、日本人選手をピックアップしてみた。

日本人フットボーラー推定市場価値ランキングのトップ3は、今回もお馴染みの顔ぶれとなった。日本人選手で唯一の1000万ユーロ超えである香川真司(ボルシア・ドルトムント)が1位。

続いて、プレミアリーグでプレーする岡崎慎司(レスター・シティ)と吉田麻也(サウサンプトン)のコンビが揃って2位。

注目なのは4番手。今シーズンからポルトガル・プリメイラリーグのポルティモネンセでプレーする中島翔哉が550万ユーロ(約7億1500万円)でビッグ3の下につけた。二か月前前は85万ユーロ(約1億1050万円)だった中島の価値は、うなぎのぼりに挙がってとうとう500万ユーロを突破。

先月のインターナショナルマッチウィークでは日本代表に初招集されると、デビュー戦でゴールを決めるなど鮮烈なインパクトを残した。

国内の強豪クラブであるポルト、ベンフィカ、スポルティング・リスボンに加えて、リーガ・エスパニョーラのアトレティコ・マドリー、ブンデスリーガのドルトムント等錚々たるビッグクラブが、来夏のマーケットで彼の獲得に動き出すのではないかと伝えられている。今後の活躍に目が離せない。

日本人選手推定市場価格ランキング上位20

尚、『transfermarkt』算出の最新版のフットボーラー推定市場価値をもとにした日本人フットボーラー 推定市場価格ランキング上位20名は以下の通りとなっている。

1位-香川真司(ドルトムント)-1300万ユーロ(約16億9000万円)
2位-岡崎慎司(レスター)-700万ユーロ(約9億1000万円)
2位-吉田麻也(サウサンプトン)-700万ユーロ
4位-中島翔哉(ポルティモネンセ)-550万ユーロ(約7億1500万円)
5位-久保裕也(ヘント)-500万ユーロ(約6億5000万円)
6位-大迫勇也(ケルン)-450万ユーロ(約5億8500万円)
6位-武藤嘉紀(マインツ)-450万ユーロ
8位-本田圭佑(パチューカ)-400万ユーロ(約5億2000万円)
8位-森岡亮太(アンデルレヒト)-400万ユーロ(約5億2000万円)
10位-長友佑都(ガラタサライ)-350万ユーロ(約4億5500万円)
10位-酒井宏樹(マルセイユ)-350万ユーロ
10位-乾-貴士(エイバル)-350万ユーロ
10位-南野拓実(ザルツブルク)-350万ユーロ
14位-清武弘嗣(C大阪)-325万ユーロ(約4億2250万円)
15位-浅野拓磨(シュツットガルト)-250万ユーロ
16位-小林-悠(川崎)-230万ユーロ(約2億9900万円)
17位-金崎夢生(鹿島)-200万ユーロ(約2億6000万円)
17位-酒井高徳(ハンブルク)-200万ユーロ
17位-杉本健勇(C大阪)-200万ユーロ
17位-小林祐希(ヘーレンフェーン)-200万ユーロ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です