ハリルホジッチ 27日に都内で怒りの会見か…

27日の会見に向けて近日中に来日か

バヒド・ハリルホジッチ先日、日本サッカー協会から日本代表監督を電撃解任されたバヒド・ハリルホジッチが、27日に東京都内で会見を開く見通しのようだ。その会見に向けて、近日中にも日本に来日する。

ロシアワールドカップアジア最終予選では、グループ最大の難敵だったオーストリア代表を敗るなどして、日本代表を6大会連続のワールドカップ出場へと導いたボスニア・ヘルツェゴビナ出身の戦術家。

だったはずだが、「選手やスタッフとのコミュニケーション不足」等を理由に、今月7日付けで日本サッカー協会会長の田嶋氏から更迭されてしまった。ワールドカップ開幕直前のこの急な決定に激怒したハリルホジッチは、おそらく27日の会見で日本サッカー協会へ反論する構えでいることだろう。

日本記者クラブによると、具体的な時間、場所も既に明かされており、16時から17時までの1時間、東京都内の日本記者クラブで会見を行う予定だそうだ。

異例の「怒りの会見」

その日本記者クラブでは、過去に1998年フランス大会、2010年南アフリカ大会の指揮を執った岡田武史氏、2002年日韓大会の指揮を獲ったフィリップ・トルシエ氏、2006年ドイツ大会の指揮を執ったジーコ氏、2014年ブラジル大会の指揮を執ったアルベルト・ザッケローニ氏ら歴代の日本代表指揮官も会見を開いてきた。

とはいえ、就任決定後や、ワールドカップ本戦を控えた時期での開催が通例で、今回のような電撃解任を受けた監督が怒りの会見を開くというシチュエーションは異例中の異例の出来事となる。

一部報道では、この会見にてバヒド・ハリルホジッチは、日本サッカー協会へ契約違約金に加えて少なくない賠償金の請求をするのではないかとも予想されているが、はたしてどのような内容の会見となるのだろうか…。蓋を開けてみなければわからない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です