酒井 マルセイユ

日本代表に危機!またしても酒井宏樹が負傷退場 今日精密検査へ

西野ジャパン大ピンチ…酒井が負傷交代

酒井宏樹日本サッカー界に再び激震が走った…。オリンピック・マルセイユに所属する日本代表不動のサイドバック酒井宏樹が、またしても負傷退場した。

現地時間21日に行われたリーグアン第34節のリール戦に、フランス代表のフロリアン・トヴァン、フランス代表のディミトリ・パイェ、元ブラジル代表のルイス・グスタボ等とともに先発出場した酒井宏樹。

1点リードで迎えた前半18分、敵陣のペナルテイエリア左のスペースに出たボールを追いかけた際に、相手ディフェンスと接触しながら倒れ込んだ酒井。この際に左ひざを負傷したようで、その後ピッチに戻ることができずそのままジョルダン・アマビとの交代を余儀なくされた。

報道によれば、酒井は左ひざを捻挫したようで、具体的な状態は本日行われる検査を持って明らかとなるそうだ。スタッド・ヴェロドロームを離れる際、酒井は松葉づえを突いた状態だったそうだ…。

この日はフロリアン・トヴァン、ギリシャ代表コンスタンティノス・ミトログルの2ゴール、ルーカス・オカンポスの1ゴールでリール相手に5発快勝を収めたオリンピック・マルセイユ。

来シーズンのチャンピオンズリーグ出場権獲得に望みをつないだが、彼等は間もなく今シーズン最も重要度の高い試合を迎えようとしている。

ヨーロッパリーグの出場は困難か…

そう、オーストリア王者レッドブル・ザルツブルクとのヨーロッパリーグ準決勝だ。この重要な二試合で守備の要である酒井を欠くことになると、マルセイユにとってこれほど痛いことは無い。
マルセイユのガルシア監督としては、負傷明け間もない酒井を中二日で先発起用したリスクの代償を負う格好となってしまった。

また、ロシアワールドカップを6月に控える日本代表にとっても、できるだけの早期復帰を願いたいところだが、はたしてその負傷状況はどういったものなのだろうか…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です