フィルミーノがCL史上最速で通算10得点到達!ジェズスもヒヤリ…?

11試合で10ゴールは最速タイ記録

フィルミーノブラジル代表の控えセンターフォワードが、快挙を成し遂げた。
リバプールに所属するFWロベルト・フィルミーノは、チャンピオンズリーグでの通算ゴール数を10に伸ばした。

現地時間24日、チャンピオンズリーグ準決勝ファーストレグのローマ戦でスタメン出場したロベルト・フィルミーノは、この日2ゴール2アシストの活躍を見せたエジプト代表FWモハメド・サラーとともに2ゴールを決めて、チームの5-2勝利に大きく貢献した。

データサイト『OPTA』によると、フィルミーノはこの日の2得点により、出場11試合目にしてチャンピオンズリーグ通算ゴール数を「10」に伸ばした。この記録が、かつてインテル・ミラノで活躍した元ブラジル代表ストライカーのアドリアーノが保持する歴代史上最速タイ記録に並んだそうなのだ。

わずか11試合で通算ゴール数を二桁に乗せた選手は、未だかつてアドリアーノとロベルト・フィルミーノただ2人ということになった。

ちなみに、12試合で到達した選手はフランス代表でセビージャ所属のウィサム・ベン・イェデルと、元イタリア代表のシモーネ・インザーギの2名となっている。「インザーギ」といっても、かつてACミランで得点を量産したフィリッポ・インザーギではないということが少し驚きだ。

さて、現在チッチが指揮するブラジル代表のセンターフォワード一番手は、マンチェスター・シティに所属するガブリエル・ジェズスとなっているが、ロシアワールドカップ本番で、ネイマールやフィリペ・コウチーニョらと共にスターティングメンバーに名を連ねるのは、ひょっとするとこのフィルミーノになるかもしれない…。

尚、チャンピオンズリーグ通算10得点に到達するまでの最速ランキングは以下の通りとなっている。

1位 ロベルト・フィルミーノ(ブラジル代表/11試合)
1位 アドリアーノ(元ブラジル代表/11試合)
3位 シモーネ・インザーギ(元イタリア代表/12試合)
3位 ウィサム・ベン・イェデル(フランス代表/12試合)
5位 セイドゥ・ドゥンビア(コートジボワール代表/13試合)
5位 ディディエ・ドログバ(元コートジボワール代表/13試合)
5位 ジョージ・ウェア(元リベリア代表/13試合)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です