香川 ドルトムント

今週末いよいよ香川が戦列復帰か ブレーメン戦メンバー入り濃厚

2ヶ月ぶりに戦列復帰か

香川真司日本代表の頼れる男がようやくピッチへ戻ってくる。
ドイツメディア「キッカー」の報道によると、現地時間29日に行われるボルシア・ドルトムント対ヴェルダー・ブレーメンの一戦で、日本代表10番の香川真司が招集メンバー入りをする可能性が高いそうだ。

2月のリーグ戦ハンブルガーSV戦で、足首を負傷し長期離脱を余儀なくされていた香川だが、先週からドルトムントのチーム練習に加わっていた。

復帰が期待された前節のバイヤー・レバークーゼン戦にこそ間に合わなかったものの、チーム練習合流から着々とコンディションを上げている様子で、昨日の公開トレーニングでは紅白戦に出場する姿も見られた。

そんな香川だが、今週末およそ2カ月ぶりに公式戦のピッチに帰ってくる可能性が高い。
キッカーの報道によると、「おそらく日曜日のブレーメン戦のメンバーリストの中に入るだろう。スタメンは困難だとしても、途中出場で復帰する可能性はある」と、ベンチメンバー入りを予想している。

まずはチームのCL出場権獲得に貢献したい香川

ただ、前節のバイヤー・レバークーゼン戦でチームが大勝したことに加え、ジェイドン・サンチョ、マルコ・ロイス、マキシミリアン・フィリップといった二列目の選手たちが得点をマークしたため、指揮官のペーター・シュテーガーはアタッカーの大きな変更をしないかもしれない。

しかしながら「キッカー」は、「シンジ・カガワがドルトムントに戻ってくることで、シーズンのラストスパートに拍車がかかる。ここにきて新たなオプションが加わることをシュテーガー監督は喜んでいるに違いない」と伝えた。

ロシアワールドカップ開幕を直前に控える今、日本代表の頼れる10番がようやくピッチへと帰ってくる。香川にとって目先の目標は、まずドルトムントで来季のチャンピオンズリーグ出場権を獲得し、ワールドカップ日本代表メンバー入りを果たすことだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です