宇佐美 原口

西野監督が10日間の欧州視察実施 具体的な選手9名の名前を挙げる

岡崎、香川、宇佐美ら視察へ

西野明サッカー日本代表新監督に就任した西野朗氏は、昨日明治安田生命J1「柏レイソル対浦和レッズ」の試合を視察後、かねてから計画されていたヨーロッパへの視察計画について言及した。

「先月のインターナショナルマッチウィークで観ることができなかった選手を中心に、視察したいと思う」とコメントするととも、具体的な選手の名前を9名明かした。

西野監督は、前監督のバヒド・ハリルホジッチ氏が都内で緊急会見を行う日、つまり27日に日本を旅立つ予定なのだそうだ。その後、イングランド、スペイン、ドイツとヨーロッパを渡り歩く。

また、視察を希望する具体的な選手名として、以下の選手を挙げた。

▼イングランド・プレミアリーグ
FW岡崎(レスター・シティ)
DF吉田(サウサンプトン)

▼ドイツ・ブンデスリーガ
MF香川(ボルシア・ドルトムント)
FW浅野(シュツットガルト)
FW原口(フォルタナ・デュッセルドルフ)
FW宇佐美(フォルタナ・デュッセルドルフ)

▼スペイン・ラ・リーガ・サンタンデール
FW乾(エイバル)
MF柴崎(ヘタフェ)
MF井手口(クルトゥラル・レオネサ)

そこには、マインツに所属するFW武藤や、マンチェスター・シティから共同保有のオファーを受けたと報道されたフローニンゲンの堂安といった選手の名前は無いが、果たして彼らは新監督の構想の中に入っているのだろうか。
また、所属クラブでベンチメンバーにさえ入れていない浅野も引き続き視察する見込み。

西野氏は、彼等のコンディションをチェックするために実際にリーグ戦を観戦した後、選手と個人面談を行う予定なのだそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です