2019年開催アジアカップ組み分け抽選会結果 日本はウズベクと同居

日本はウズベク、オマーン等と対戦

日本代表現地時間4日、アジアサッカー連盟はアラブ首長国連邦のドバイで、「アジアカップ2019」本大会のグループステージ組み分け抽選会を行った。
その結果、日本代表はウズベキスタン、オマーン、トルクメニスタンと共にグループFに組み込まれた。

アジアカップは、2019年1月5日から2月1日にかけて行われる。サムライブルーは、現地時間の来年1月9日に第一戦でトルクメニスタン、同13日に第二戦でオマーン、17日に最終節でウズベキスタンと対戦することが決定した。

歴代最多優勝記録を保持する日本だが、前回大会は決勝トーナメント初戦でUAEに敗れて失意のベスト8敗退に終わった。今大会は、前回大会のリベンジ、それから2大会ぶりの優勝を目指す。

日本代表にとっては、優勝が「ノルマ」となるコンペティションだが、グループステージは無難に首位通過を果たしたいところだ。

尚、アジアカップ2019のグループステージ一覧は以下の通り。

▽グループA
UAE、タイ、インド、バーレーン

▽グループB
オーストラリア、シリア、パレスチナ、ヨルダン

▽グループC
韓国、中国、キルギス、フィリピン

▽グループD
イラン、イラク、ベトナム、イエメン

▽グループE
サウジアラビア、カタール、レバノン、北朝鮮

▽グループF
日本、ウズベキスタン、オマーン、トルクメニスタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です