セネガル、コロンビアも無得点で本戦に不安残す【国際親善試合結果】

最新国際親善試合結果

ロシアワールドカップ開幕直前テストマッチ試合結果一覧。

5月31日

・ルクセンブルク0-0セネガル
・ウクライナ0-0モロッコ

6月1日

・フランス3-1イタリア
・エジプト0-0コロンビア
・韓国1-3ボスニア・ヘルツェゴビナ
・チェコ0-4オーストラリア
・チュニジア2-2トルコ

日本のライバルも深刻な得点力不足

コロンビア代表日本の第二戦の対戦相手であるセネガルは、格下ルクセンブルク相手にスコアレスドローで、日本同様得点力不足が不安視されている。
チャンピオンズリーグ決勝戦に出場したサディオ・マネ(リバプール)を欠いたが、本大会では彼頼みのサッカーとなることが予想される。

決定力不足に嘆いているのは日本、セネガルだけでない。日本の初戦の相手であるコロンビアもまた、格下のエジプト相手にスコアレスドローと不本意な結果に終わった。

ハメス・ロドリゲス(バイエルン)、ラダメル・ファルカオ(モナコ)、ファン・クアドラード(ユベントス)といったスターがそろい踏みも、モハメド・サラー(リバプール)不在のエジプトに大苦戦を強いられた。

その他、先日のホンジュラス戦で2-0と勝利した韓国は、ボスニアヘルツェゴビナ相手に1-3と完敗。同じくアジア勢のオーストラリアは、強豪チェコ相手にマシュー・レッキー(ヘルタ・ベルリン)の2ゴール等で4発快勝を収めた。

優勝候補筆頭のフランスは、トリノでイタリアと激突。ウスマン・デンベレ(バルセロナ)のゴラッソ、アントワーヌ・グリーズマン(アトレティコ・マドリード)のペナルティキック等でこちらも快勝を収めた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です