日本代表

乾&香川躍動でパラグアイを一蹴!【国際親善試合結果】

最新国際親善試合結果

ロシアワールドカップ開幕直前テストマッチ試合結果一覧。

6月12日

日本4-2パラグアイ
ポーランド4-0リトアニア

日本、ポーランド共に4発快勝

乾貴士コロンビアとの初戦を一週間後に控える日本代表は、最後のテストマッチとして「仮想コロンビア」パラグアイ代表と対戦。

ガーナ戦、スイス戦に続いて先制点を奪われる苦しい立ち上がりとなった前半だが、後半から攻撃陣が爆発する。

この日宇佐美貴史(デュッセルドルフ)に代わって先発起用された乾貴士(レアル・べティス)が2ゴールをマークして逆転。
いずれのゴールも、かつてセレッソ大阪で共闘した香川真司(ボルシア・ドルトムント)からのアシストだった。

その後も、柴崎岳(ヘタフェ)のセットプレーから生まれたオウンゴール、香川の得点で突き放した日本代表が4-2でパラグアイ代表に勝利を収めた。
西野体制初勝利で自信を手にしてコロンビア戦を迎えることに成功した。

その日本がグループステージ最終節で対戦するポーランドはワルシャワでリトアニアと対戦。
絶対的エースロベルト・レヴァンドフスキ(バイエルン・ミュンヘン)の3試合連続ゴールで先制すると、その後もレヴァンドフスキの追加点、ヤクブ・ブワシチコフスキ(ヴォルフスブルク)のペナルティキック等で4発快勝を収めている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です