日本がコロンビア相手に大金星!【6月19日試合結果一覧】

ロシアワールドカップ最新試合結果

※6/19
●グループH
・コロンビア 1-2 日本
・ポーランド 1-2 セネガル
●グループA
・ロシア 3-1 エジプト

日本が10人コロンビアに勝利!

香川真司グループHは、日本がコロンビアと激突。
前半2分に香川真司がペナルティエリア内でカルロス・サンチェスのハンド、さらにはレッドカードを誘発し、これを香川自らが冷静に沈めて日本が先制。

その後、キンテーロに直接フリーキックをねじ込まれた日本だったが、後半に本田圭佑が蹴ったコーナーキックを大迫勇也が頭で合わせて勝ち越しに成功。
試合はそのまま2-1で終了し、日本が格上コロンビアを下すという大会屈指のアップセットを起こした。

そんな日本が第二戦で対戦する相手セネガルは、ポーランドと対戦。
ポーランドDFチオネクのオウンゴールによって先制したセネガル。その後ミラン時代に本田圭佑とチームメイトだったニアンが追加点をマーク。

試合終盤にポーランドはセットプレーからクリホビアクが一矢報いるが反撃はここまで。結果、こちらも格上と目されていたポーランドを破って番狂わせを起こした。

グループAでは第二節が始まり、開催国ロシアとエジプトが対戦。
初戦ベンチ入りするも出場できなかったモハメド・サラーがスタメンで登場したエジプトだったが、結果は散々なものに…。
ロシアがオウンゴール、チェリシェフ、ジュバの二試合連続ゴールで3-1快勝を収めた。

これで二連勝となったホスト国は、はやくもグループステージ突破に大手をかけた。一方敗れたエジプトは、事実上グループステージ突破の可能性が絶たれてしまった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です