大迫 香川

英紙は日本代表選手をどう見た?平均採点で最も高評価だったのは…

最も高評価を受けたのは香川真司

香川真司現地時間17日、イギリスメディア「ガーディアン」は、ロシアワールドカップに出場した全選手のスタッツを公開した。

出場32か国すべての選手の平均採点を算出したガーディアン。同時に、全選手の採点結果をチーム別のランキング形式で紹介した。

そんな中、サムライブルーのメンバーで最も高評価を受けたのは、かつてプレミアリーグ・マンチェスター・ユナイテッドでもプレーした10番の香川真司(ボルシア・ドルトムント)だった。

平均「7.67」と高評価を受けており、ペナルティキックでゴールを決めた初戦のコロンビア戦と、決勝トーナメント一回戦ベルギー戦で共に「8」をマーク。グループステージ第二戦のセネガル戦でも平均値より上の「7」の評価だった。

二番目に評価が高かったのは、以外にもセネガル戦でゴールを決めた本田圭佑(パチューカ)の「7.33」で、その後にDF昌子源(鹿島アントラーズ)「7」、MF原口元気(デュッセルドルフ)「7」、MF乾貴士(レアル・べティス)「6.75」と続いた。

一方で、チーム最低となる「4」の評価を受けたのは、グループリーグ最終戦のポーランド戦のみに出場したFW武藤嘉紀(マインツ)、DF槙野智章(浦和レッズ)、DF酒井高徳(ハンブルガーSV)の3人だった。

日本代表採点ランキング一覧

尚、イギリスメディア「ガーディアン」によるロシアワールドカップ日本代表の採点ランキングは以下のとおりとなっている。

1位 香川真司(7.67)
2位 本田圭佑(7.33)
3位タイ 昌子源、原口元気(7)
5位 乾貴士(6.75)
6位タイ 長友佑都、柴崎岳、大迫勇也(6.5)
9位タイ 長谷部誠、酒井宏樹、吉田麻也(6.25)
12位 川島永嗣(5.75)
13位タイ 岡崎慎司、山口蛍(5.67)
15位 宇佐美貴史(5)
16位タイ 武藤嘉紀、槙野智章、酒井高徳(4)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です