ニューカッスル武藤

武藤のニューカッスル加入が正式決定!労働ビザも無事取得

労働ビザも無事取得で4年契約

武藤現地時間2日、イングランド・プレミアリーグのニューカッスル・ユナイテッドが、日本代表FW武藤嘉紀をドイツ・ブンデスリーガのマインツから獲得したことを正式発表した。

当初不安視されていたイギリスでの労働ビザの許可証も無事取得することができた模様で、武藤とニューカッスル・ユナイテッドは4年契約を結んだようだ。

3シーズン在籍したマインツからプレミアリーグの名門ニューカッスル・ユナイテッドへ加入することが決まった武藤は発表後このようにコメント。

「ニューカッスル・ユナイテッドで初めての日本人プレイヤーとして、こんなビッグクラブの一員になれたことを誇りに思う。良い結果を手にすることができると願っているし、だからこそ僕はここへ来た。良いプレーを見せて、ニューカッスル・ユナイテッドの歴史に自分の名前を刻みたい」

ニューカッスル・ユナイテッドの指揮官ラファ・ベニテスも、「ヨシノリムトウのことはかなりの間見てきた。彼が私たちにエネルギーと運動量を齎して、チームの成長を助け、最高のシーズンになるように願っているよ」と大きな期待を寄せた。

昨季はマインツでチームトップスコアラーに

ロシアワールドカップの日本代表メンバーにも選ばれ、グループステージ最終節のポーランド戦ではスタメンで出場した武藤。

ブンデスリーガでは、通算66試合に出場し20得点10アシストをマークし、負傷に悩まされた昨シーズンは27試合の出場にとどまるも8得点4アシストでチームトップスコアラーとなった。

果たして武藤はプレミアリーグでも目に見える結果を残すことができるだろうか…。
尚、労働ビザの関係で、現地時間4日に行われるアウクスブルクとのプレシーズンマッチには出場できないとのことだが、プレミアリーグ開幕節には問題なく出場できるそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です