本田

本田圭佑のAリーグ参戦決定!イギリス紙も大々的に報道

本田がメルボルン・ビクトリー加入!

本田圭佑現地時間6日、オーストラリア1部メルボルン・ビクトリーは日本代表MF本田圭佑を獲得したことを正式発表した。

ロシアワールドカップのグループステージセネガル戦でワールドカップ3大会連続ゴールを決めた本田圭佑。次なる戦いの場は、オーストラリアに決まった。

メルボルン・ビクトリーに加入することになった本田について、サッカーの母国イギリスメディア「ガーディアン」も、「オーストラリアリーグ最新の看板選手」と見出しを付けて大々的に特集を組んだ。

「オーストラリアリーグはついに新しいビッグネームを確保することに成功した。メルボルン・ビクトリーがケイスケホンダとの契約を勝ち取った」とレポート。

同記事では、本田圭佑のこれまでのキャリアについても紹介。
「日本代表として通算98試合に出場し、37ゴールをマーク、またワールドカップの大舞台で3大会連続でゴールをマーク。今回の、イタリアやロシアの名門でもキャリアを積んだビッグネームのオーストラリアリーグ加入は、同リーグにとって久しぶりのスター誕生となった」

「デル・ピエロ、ビジャ以来のスター」

加えてガーディアンは、「CSKAモスクワやACミランで活躍したスターは、同時にオーストラリアリーグで唯一世界的に認知されるスターだ。元イタリア代表のデル・ピエロや、元イタリア代表のヘスキー、元スペイン代表のダビド・ビジャ、そして同じく日本人のシンジオノ以来だ」と掲載。

2012年から2年間シドニーFCに所属していたアレッサンドロ・デル・ピエロや、ニューカッスル・ジェッツに所属していた元イングランド代表FWエミール・ヘスキー、さらには2012年から2年間ウェスタン・シドニーに在籍した元日本代表MF小野伸二や2014年に短期間メルボルン・ビクトリーでプレーしたダビド・ビジャ等にと肩を並べた本田。

オーストラリアリーグで活躍し、自ら目標に掲げる2020年東京オリンピックでのオーバーエイジ選出はなるだろうか…?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です