ワールドカップの記録保持者を徹底解説‼

2022年カタールワールドカップまで約2年に迫ってきました。

新型コロナウイルスの影響次第にもなりますが、このままいけば、予定通り2022年にはサッカーの祭典であるワールドカップが開催されるでしょう。

ここでは、そんなサッカーの祭典であるワールドカップの様々な記録を保持している選手や国を徹底解説していきます。

優勝回数が最も多い国

ワールドカップで優勝するということは非常に名誉なことであり、逆にいえば、どのようなスター選手を擁していたとしても、それは簡単な道ではありません。

直近のロシアワールドカップでは、エムバペなどの活躍によりフランスが優勝しましたが、そんな強豪フランスでも通算優勝回数は2回にとどまっています。

そして、最も優勝回数が多いのは、カナリア軍団「ブラジル」の5回となっています。

南米のサッカー大国であるブラジルは、やはり実績面でも頭一つ抜けた存在であるといえそうです。

また、これまでの優勝国はヨーロッパ勢と南米勢のみであり、残念ながらわれらが日本を含めてアジア勢の優勝はありません。

まずはベスト8進出、ゆくゆくは決勝の舞台で日本代表の勇姿を見てみたいものです。

歴代通算得点一位選手

ワールドカップは世界中のスコアラーが集結する大会であり、毎回素晴らしいゴールが生まれています。

そして、その長い歴史の中で最も得点を重ねてきたのは、元ドイツ代表FWの「ミロスラフ・クローゼ」です。

クローゼは、2002年、2006年、2010年、2014年の4大会に出場し、総合で16点を決めてきました。

ちなみに、2位にはブラジルの怪物「ロナウド(通算得点15点)」、3位にはドイツの爆撃機と称された「ゲルト・ミュラー(通算得点14点)」などが続いており、数々のレジェンド選手を押さえての通算得点一位となっています。

得失点差ベスト5

これまでのワールドカップの得失点差で最も優れているのは、「ブラジル(+124)」となっています。

やはり、優勝回数が最も多いブラジルが一位であり、そして2位には「ドイツ(+101)」が続きます。

得失点はこの2チームがずば抜けており、次点では「イタリア(+51)」「アルゼンチン(+44)」「フランス(+43)」と、上位チームはいずれも優勝経験のあるチームが並ぶようです。

ちなみに、得失点ワーストは意外にも「メキシコ(-38)」となっています。

データだけ見ても楽しいワールドカップ

ワールドカップは歴史ある大会であり、その積み重ねられたデータだけ見ても、新たな発見があり非常に面白いです。

よろしければ、次回大会の予習も含めてワールドカップの各記録をチェックしてみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です