トップリーグやワールドカップで実現してきた兄弟対決をピックアップ!

サッカーのトップリーグに所属できるのはほんの一握り、非常に狭き門です。しかし、数少ないながらも、大舞台で兄弟対決が実現してきたこともあります。

そこでこの記事では、これまで実現してきた兄弟対決をピックアップしていきます。

アルカンタラ兄弟

共にバルセロナの下部組織で育ったチアゴ・アルカンタラとラフィーニャ・アルカンタラのアルカンタラ兄弟ですが、兄であるチアゴがバイエルン・ミュンヘンに移籍したことにより、その兄弟対決は実現しました。

2015年5月に行われたチャンピオンズリーグ準決勝、チアゴがバイエルンで先発出場し、ラフィーニャが終了間際に投入されたことで、チャンピオンズリーグという最高峰の舞台で兄弟対決が叶いました。

ちなみに、チアゴはスペイン代表チームを選択し、ラフィーニャはブラジル代表としてプレーしているため、今度は2022年カタールワールドカップで再度兄弟対決が実現する可能性を秘めています。

ボアテング兄弟

ケヴィン・プリンス・ボアテングとジェローム・ボアテングは異母兄弟ながら、既にワールドカップで対戦経験を持っています。

兄ケヴィン・プリンスはガーナ代表でプレーし、弟ジェロームはドイツ代表でプレー、しかも一回のみならず、2010年と2014年の2大会連続でボアテング兄弟は兄弟対決を実現させてきました。

また、ワールドカップの歴史は長いですが、その歴史の中でボアテング兄弟は初めてワールドカップという大舞台で対決を果たした兄弟となりました。

トゥーレ兄弟

Generated by IJG JPEG Library

ヤヤ・トゥーレとコロ・トゥーレの兄弟は、かつては共にマンチェスター・シティでプレーしていました。

しかし、2013年にコロ・トゥーレが同じプレミア・リーグに所属するリヴァプールに移籍すると、待望の兄弟対決が実現。

2016年には現在のカラバオカップに当たるリーグカップで激突しました。

しかも、その対決は決勝で実現し、試合はPK戦までもつれ込み最後はヤヤ・トゥーレがキッカーを務め、見事にゴールしマンチェスター・シティを勝利に導きました。

まとめ

兄弟対決は、ほかにもイグアイン兄弟やミリート兄弟、インザーギ兄弟などが実現しています。

これからサッカーの歴史において、どのような名兄弟対決が生まれるか楽しみですね!

 

2020年のゴールデンボーイ賞は誰だ!?候補者や有力選手をピックアップ

ヨーロッパでプレーする最も活躍した21歳以下の選手に贈られる『ゴールデンボーイ賞』。

今年のゴールデンボーイ賞を手にするのは誰でしょうか?

この記事では、ゴールデンボーイ賞の候補者や有力選手をピックアップしていきます。

2020年ゴールデンボーイ賞候補にノミネートされた選手

イタリア紙『Tuttosport』は、10月15日に2020年ゴールデンボーイ賞候補にノミネートされた選手を発表しました。

ノミネート選手は以下の通りです。

・ミッチェル・バッカー(DF/オランダ/PSG)

・エドゥアルド・カマヴィンガ(MF/フランス/レンヌ)

・ジョナサン・デイヴィッド(FW/カナダ/リール)

・アルフォンソ・デイヴィス(MF/カナダ/バイエルン)

・セルジーニョ・デスト(DF/アメリカ/アヤックス)

・ファビオ・シルヴァ(FW/ポルトガル/ウォルヴァーハンプトン)

・アンス・ファティ(FW/スペイン/バルセロナ)

・フィル・フォーデン(MF/イングランド/マンチェスター・C)

・ライアン・フラーフェンヘルフ(MF/オランダ/アヤックス)

・メイソン・グリーンウッド(FW/イングランド/マンチェスター・U)

・アーリング・ハーランド(FW/ノルウェー/ドルトムント)

・カラム・ハドソン・オドイ(FW/イングランド/チェルシー)

・デヤン・クルゼフスキ(MF/スウェーデン/ユヴェントス)

・ロドリゴ(FW/ブラジル/レアル・マドリード)

・ブカヨ・サカ(MF/イングランド/アーセナル)

・ジェイドン・サンチョ(FW/イングランド/ドルトムント)

・ドミニク・ショボスライ(MF/ハンガリー/ザルツブルク)

・サンドロ・トナーリ(MF/イタリア/ミラン)

・フェラン・トーレス(FW/スペイン/マンチェスター・C)

・ヴィニシウス・ジュニオール(FW/ブラジル/レアル・マドリード)

アーリング・ハーランドとジェイドン・サンチョの一騎打ちが濃厚か

現時点では、アーリング・ハーランドとジェイドン・サンチョの両名がゴールデンボーイ賞の最有力候補と見られています。

ハーランドは、2019-2020年に国内リーグで13得点2アシストを記録、サンチョも同年に17得点16アシストと素晴らしい成績を収めています。

いずれにしても、所属先であるドルトムントからすれば、どちらが受賞しても喜ばしいことでしょう。

また、両名とも次回ワールドカップで飛躍が期待される素晴らしい若手選手です。

2年後、ハーランドとサンチョがワールドカップという大舞台でどのようなプレーをするか期待が膨らむばかりですね。