今季のプレミアリーグで飛躍しているニューカマーを徹底解説!

サッカーの世界は入れ替わりが激しく、どのリーグも毎年様々な選手が入れ替わります。

5大リーグの一つであるプレミアリーグもその一つであり、今季から加入した選手は非常に多く存在します。

そこでこの記事では、今季から参入し、そして飛躍を遂げている選手をご紹介していきます!

エミリアーノ・マルティネス(アストン・ヴィラ)

『エミリアーノ・マルティネス』は昨季までアーセナルに所属していましたが、中々出場時間を得られず、控えGKに甘んじていました。

しかし、シーズン終盤に出番が回ってくると正GKとしても活躍できることを自ら証明、今夏からアストン・ヴィラに移籍すると、開幕からの連勝に大貢献しました。

また、アストン・ヴィラにはクラブ史上最高額(2,800万ポンド(約38億7,000万円))で加入したイングランド人FWオリー・ワトキンスがいるため話題性には欠けましたが、

今季のチームの好調はマルティネスのセービングが伴っているからこそであり、その点でアストン・ヴィラは素晴らしい補強を行ったといえるでしょう。

エドゥアール・メンディ(チェルシー)

今季は、GKを的確に補強しているチームが非常に多くあります。チェルシーもそのうちの一つです。

今夏は大型補強を行って話題を呼んだチェルシーでしたが、一番最後に獲得したのが『エドゥアール・メンディ』でした。

セネガル代表の守護神は、チェルシーの悩みの種だった最後尾の不安を見事取り除き、10年ぶりの5連続無失点などに貢献しました。

また、セネガル代表でも正GKを務めるメンディは、次回のカタール・ワールドカップでの活躍も期待される逸材です。

ハメス・ロドリゲス(エヴァートン)

昨季まで所属していたレアル・マドリードでは中々出場時間に恵まれず、『ハメス・ロドリゲス』は苦しい時間を過ごしていました。

しかし今季から加入したエヴァートンでは、チームを攻撃面で引っ張り、一時期首位に立つほど躍進を続けるチームを大きく助けています。

ティモシー・カスターニュ(レスター)

今季のレスターの躍進を支えているのは、新加入の『ティモシー・カスターニュ』です。

アトランタから移籍してきたベルギー代表DFは、開幕節のウェスト・ブロムウィッチ戦でいきなり得点を記録するなど、瞬く間にチームにフィットしました。

また、現在エヴァートンでは守備の要であるポルトガル代表DFリカルド・ペレイラが怪我で長期離脱中ですが、その影響を微塵にも感じさせないほどティモシー・カスターニュは躍動しています。

リオネル・メッシの凄さを示す驚異的な数字データを徹底解説!

現在、サッカーファンでなくとも、「No.1サッカー選手は?」という問いには多くの方が「リオネル・メッシ」と回答するでしょう。

この記事では、そもそもメッシはなにがすごいのか?目に見えてわかる数字データなどの情報をピックアップしていきます。

バルセロナの通算試合出場数

メッシのキャリアはバルセロナ一筋であり、これまで移籍等は一度も行ったことがありません。

そして、11月21日に行われるラ・リーガ第10節アトレティコ・マドリード戦で、メッシはクラブでのキャリア通算800試合目を迎えます。

この通算試合出場数は、バルセロナの長い歴史の中でも単独首位の数字であり、2位のシャビ(通算767試合)や3位のイニエスタ(通算676)を超えるものです。

ちなみに、出場時間数を見てみると、公式戦では60,175分、親善試合では2,913分で、合計では63,000分以上も試合に出場していることがわかります。

タイトルの数

メッシがこれまで称賛されてきたのは、類稀なる得点センスを持っているだけでなく、バルセロナというチームを勝利に導き続けてきたからです。

メッシは、これまでにバルセロナで以下のようなタイトルを獲得してきました。

・ラ・リーガ:10回

・チャンピオンズリーグ:4回

・スーペルコパ:8回

・ヨーロッパ・スーパーカップ:3回

・カップ戦:6回

・クラブワールドカップ:3回

ラ・リーガを10回も優勝したことも素晴らしいですが、特筆すべきはチャンピオンズリーグを4回も優勝している点でしょう。

欧州最高峰の舞台であるチャンピオンズリーグは、通常ならば出場するだけでも大変なこと、ましてや優勝となると、生涯をかけても手が届かない選手は沢山います。

そんなチャンピオンズリーグという舞台で、チームを4回も優勝に導いているのはさすがの一言です。

驚異的な得点力

メッシは、クラブで驚異的なペースで得点を量産しています。

通算出場数が800試合にものぼるメッシですが、公式戦で「640点」、親善試合では「37点」も記録しているのです。

これは、1.18試合に1回得点している計算となります。

しかも、メッシが出場した試合でチームは、7割以上の勝率を誇っています。

まさに、「チームを勝利に導くことができる選手」なのです。

ナショナルチームでの勝利にも期待!

クラブではもはやレジェンド級の記録を誇っているメッシですが、アルゼンチン代表としても70ゴール以上を決めるなど、存在感を示しています。

しかし、中々結果は出ないことが多く、前回ワールドカップでも準優勝と惜しくも優勝を逃しました。

カタールワールドカップも2年後とすぐそこまで迫っていますし、今後のメッシのさらなる活躍に期待したいところですね!

こんな選手も0円で獲得可能!?無所属のスター選手をピックアップ

新型コロナウイルスの影響もあり、今季、欧州主要リーグの夏移籍は10月中旬まで行われていました。

どこのチームとも契約せず、現在フリーとなっている選手も多くいますが、その中には「こんな選手もフリー!?」というプレイヤーも存在します。

ここでは、そんな0円で獲得できる大物プレイヤーをピックアップしていきます。

マリオ・バロテッリ

かつては「悪童」と恐れられながら、突出したセンスでミランなどのメガクラブでゴールを決め、ワールドカップ出場経験もあるマリオ・バロテッリも三十路を迎えました。

ひとつ前に所属していたブレシアでは歓待されたものの、最終的には喧嘩別れをしてしまい、無所属に。またしても精神面に難があることを露出してしまう結果となりました。

元イタリア代表を欲しがるチームは果たして現れるのか?

香川真司

日本が誇るワールドネームのスーパースター、香川真司も現在フリーとなっています。

自らが強く望み、やっと果たしたスペイン移籍も1年で退団することに。

最終的にはサラゴサから移籍期限ギリギリの契約解除という不義理にあってしまい、無所属となってしまいました。

本人は今でもスペインのチームとの契約を望んでいる様子。あのドルトムントでの輝きをもう一度見せてほしいですね!

アレシャンドレ・パト

アレシャンドレ・パトは、インテルナシオナウ時代のクラブW杯で世界的ブレイクを果たし、ミランでは150試合で63ゴールを記録、セリエA月間最優秀選手やセリエA年間最優秀若手選手を獲得したこともある経験豊富な選手です。

FIFA U-20ワールドカップで大車輪の活躍を見せると各国のメガクラブが注目し、最終的にはACミラン、インテル・ミラノ、レアル・マドリード、チェルシーFCなどが獲得オファーを出すほどでした。

そんなパトも30代に突入し、中々伸び悩んでいます。

2019年には母国に復帰しましたが、今夏契約を解除して現在は無所属になっています。

ヤヤ・サノゴ

ヤヤ・サノゴはAJオセールのユースチームで、14試合で25ゴール、17アシストを記録、その後注目を集め、のちにアーセナルに引き抜かれた大型ストライカーです。

191cmという恵まれた体格を活かすプレーはもとより、時にはドリブルで突破も図ることができる多彩な得点パターンをアーセナルに買われましたが、残念ながらそのアーセナルでは20試合1ゴールに終わってしまい、今夏、トゥールーズを退団して無所属になりました。

現在27歳という年齢を加味しても、まだまだ伸びしろはあるため、是非ともメガクラブへの返り咲きを期待したいところです。