「アルゼンチン代表」タグアーカイブ

アルゼンチン代表がW杯に向けた候補メンバー35名を発表!

メッシ、ディバラ等豪華メンバー集結

パウロ・ディバラ現地時間14日、アルゼンチンサッカー協会はロシアワールドカップ本大会に挑むアルゼンチン代表候補メンバー35名を発表した。
続きを読む アルゼンチン代表がW杯に向けた候補メンバー35名を発表!

アルゼンチン代表指揮官がW杯予備登録メンバー34名を公開

パストーレ、イカルディは予備登録メンバーにも入れず…?

イカルディロシアワールドカップ開幕までいよいよ二ヶ月を切ったが、まずアルゼンチンサッカー協会がアルゼンチン代表予備登録メンバー35人のうち34名を決定したそうだ。
続きを読む アルゼンチン代表指揮官がW杯予備登録メンバー34名を公開

アルゼンチン代表が国内組加えた最終メンバーリスト発表

国内組5名追加で計27名に

イグアイン アルゼンチン代表現地時間12日、アルゼンチンサッカー協会は今月開催のインターナショナルマッチウィークにおけるイタリア戦、スペイン戦に挑むアルゼンチン代表メンバーを発表した。

海外クラブ所属メンバーリストは既に発表済みのアルゼンチン代表。そのリストの中には、バルセロナに所属するリオネル・メッシをはじめ、マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロ、パリ・サンジェルマンのアンヘル・ディ・マリア、河北華夏のハビエル・マスチェラーノ等の名前がある。

負傷明け間もないユベントス所属のパウロ・ディバラが選外となった一方で、ユベントスでの同胞であるゴンサーロ・イグアインが2017年6月以来となる代表復帰を果たしたことが話題となった。

今回発表された最終メンバーリストには、クリスティアン・パボン(ボカ・ジュニアーズ)やマクシミリアーノ・メサ(インデペンディエンテ)、パブロ・ペレス(ボカ・ジュニアーズ)といった国内クラブ所属メンバー5名が加わえられ、27名の構成となっている。

そんなアルゼンチン代表は、23日にマンチェスター・シティの本拠地であるエティハド・スタジアムで、イタリア代表と、27日にアトレティコ・マドリーの本拠地であるワンダ・メトロポリターノでスぺイン代表と激突する。

今回発表されたアルゼンチン代表メンバー27名は以下の通り。
▼GK
ナウエル・グスマン(ティグレス)
セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・U)
ウィリー・カバジェロ(チェルシー)

▼DF
ラミロ・フネス・モリ(エヴァートン)
フェデリコ・ファシオ(ローマ)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C)
マルコス・アクーニャ(スポルティング)
マルコス・ロホ(マンチェスター・U)
エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)
ニコラス・タグリアフィコ(アヤックス)
ガブリエル・メルカド(セビージャ)
ファブリシオ・ブストス(インデペンディエンテ)

▼MF
レアンドロ・パレデス(ゼニト)
マヌエル・ランシーニ(ウェストハム)
ジオヴァニ・ロ・チェルソ(パリ・サンジェルマン)
ルーカス・ビリア(ミラン)
エベル・バネガ(セビージャ)
ハビエル・マスチェラーノ(河北華夏)
アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)
パブロ・ペレス(ボカ・ジュニアーズ)
マクシミリアーノ・メサ(インデペンディエンテ)

▼FW
リオネル・メッシ(バルセロナ)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)
ディエゴ・ペロッティ(ローマ)
ゴンサロ・イグアイン(ユヴェントス)
クリスティアン・パボン(ボカ・ジュニアーズ)
ラウタロ・マルティネス(ラシン)

【ロシアワールドカップ出場国紹介】アルゼンチン代表

ロシアW杯出場国紹介:アルゼンチン代表

メッシ アルゼンチン代表今年6月に開幕するロシアワールドカップ。当ブログでは、そんなワールドカップの出場全32か国を1チームずつ紹介していく。
今回紹介するのは、熾烈な南米予選から勝ち上がってきたアルゼンチン代表だ。
続きを読む 【ロシアワールドカップ出場国紹介】アルゼンチン代表

アルゼンチン代表メンバー発表 イグアインが復帰

イカルディ、ディバラは選外

メッシ現地時間2日、アルゼンチンサッカー協会は来月行われる国際親善試合イタリア戦、スペイン戦に挑むアルゼンチン代表メンバーを発表した。
続きを読む アルゼンチン代表メンバー発表 イグアインが復帰

3月の親善試合でビッグマッチ続々!アルゼンチンはスペイン等と対戦

・アルゼンチンがスペイン、イタリアと対戦へ
現地時間26日、アルゼンチンサッカー協会は、ロシアワールドカップに向けたテストマッチとして、3月23日にイタリア代表と、27日にスペイン代表とそれぞれ対戦することを発表した。
続きを読む 3月の親善試合でビッグマッチ続々!アルゼンチンはスペイン等と対戦

契約延長のメッシの総年俸が判明 その額はロナウドの倍…?

・メッシの年俸がとんでもないことに…
2017年11月にバルセロナと契約延長をかわしたアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ。サッカーメディア「フットボール・リークス」によると、この2021年まで契約を延長したメッシの年俸が、世界最高額となったようだ。
続きを読む 契約延長のメッシの総年俸が判明 その額はロナウドの倍…?

アルゼンチンが予選敗退イタリアとの親善試合をキャンセル!?

・イタリアがのW杯敗退の余波は続く…
ロシアワールドカップヨーロッパ予選プレーオフで、スウェーデン代表に敗れて、本戦出場を逃したイタリア代表。
続きを読む アルゼンチンが予選敗退イタリアとの親善試合をキャンセル!?

アルゼンチン、スペインと対戦のロシアがメンバー発表

・強豪2ヶ国に挑むロシア代表がメンバー発表
現地時間30日、ロシアサッカー協会は、今月行われる来年開催のワールドカップに向けた強化試合2試合に向けたロシア代表メンバーを27名発表した。
続きを読む アルゼンチン、スペインと対戦のロシアがメンバー発表

アルゼンチン代表メンバー発表 イグアインはまたしても選外

・メッシ、ディバラ等順当選出
現地時間20日、アルゼンチンサッカー協会は11月に行われる国際親善試合に向けてアルゼンチン代表国外クラブ所属メンバー22人を発表した。
続きを読む アルゼンチン代表メンバー発表 イグアインはまたしても選外

ブラジルに敗れた南米王者チリが予選敗退【W杯南米予選最終節】

・南米王者チリが予選で姿消す波乱
現地時間10日、ロシアワールドカップ南米予選最終節が行われ、アルゼンチン、ウルグアイ、コロンビアがワールドカップ出場を確定させた。南米予選最終節試合結果は以下の通り。 続きを読む ブラジルに敗れた南米王者チリが予選敗退【W杯南米予選最終節】

アルゼンチンがまさかの出場圏外転落…【南米予選第17節】

・南米予選第17節試合結果
現地時間5日、ロシアワールドカップ南米予選第17節が行われ、4位ペルーと5位アルゼンチンの対戦などが行われた。各試合結果は以下の通り。

アルゼンチン0-0ペルー
ボリビア0-0ブラジル
ベネズエラ0-0ウルグアイ
コロンビア1-2パラグアイ
チリ2-1エクアドル

5位プレーオフ圏内に甘んじるアルゼンチン代表は、4位ペルーとホームで対戦しスコアレスドローに終わった。最終節を前にペルーをかわして出場圏内に入っておきたかったアルゼンチン代表だが、まさかの6位で最終節を迎えることとなってしまった。この日も相変わらずバルセロナ所属でエースのリオネル・メッシが機能せず、途中出場したユベントス所属のパウロ・ディバラも不発に終わった。

また、2位のウルグアイ代表もバルセロナ所属ルイス・スアレス、パリ・サンジェルマン所属エディンソン・カバーニが先発するも最下位ベネズエラ相手に痛恨のドロー。この結果、最終節を前にワールドカップ出場を確定させることができなかった。

3位のコロンビア代表は、モナコ所属ラダメル・ファルカオやバイエルン・ミュンヘン所属ハメス・ロドリゲス、ユベントス所属ファン・クアドラード等先発するも、パラグアイ相手にホームで痛すぎる敗戦。後半終盤にファルカオが先制ゴールを奪ったが、試合終了間際に立て続けにパラグアイにゴールを許し1-2と逆転負けを喫した。

南米王者で6位だったチリは、ホームで格下エクアドル相手に苦しみながら勝利。エドゥアルド・バルガスのゴールで先制すると、試合終盤にエクアドル代表ロマリオ・イバーラに同点弾を許すが、その直後にアーセナル所属アレクシス・サンチェスが勝ち越しゴールを決めて2-1で勝利。この結果、チリがコロンビア、ペルー、アルゼンチンをかわして一気に3位に浮上した。

尚、既にワールドカップへの出場を確定させている首位のブラジルは、ネイマール、ジェズス等先発もボリビア相手にスコアレスドローに終わっている。

さて、最終節を前にして未だにブラジル以外の出場国が決まらないという史上まれに見ぬ大混戦の模様を呈している南米予選だが、はたして最後に笑うのはどのチームになるのだろうか・・・。アルゼンチン代表は無事ロシア行きの切符を手にすることができるのだろうか。

崖っぷちアルゼンチン、メッシ、ディバラ等招集 イグアインは選外

・アルゼンチン代表メンバー発表
現地時間15日、アルゼンチンサッカー協会が来月行われるロシアワールドカップ南米予選2試合に向けての海外クラブ所属代表メンバーを公表した。

アルゼンチン代表メンバーは以下の通り。
GK
グスマン(ティグレス)
マルチェシン(クラブ・アメリカ)
ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド)

DF
マンマナ(ゼニト)
ファシオ(ローマ)
ペセジャ(フィオレンティーナ)
オタメンディ(マンチェスター・シティ)
メルカド(セビージャ)
マスチェラーノ(バルセロナ)

MF
リゴーニ(ゼニト)
アクーニャ(スポルティングCP)
サルビオ(ベンフィカ)
アレハンドロ・ゴメス(アタランタ)
ビグリア(ミラン)
パレデス(ゼニト)
バネガ(セビージャ)
ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)

FW
メッシ(バルセロナ)
ディバラ(ユベントス)
イカルディ(インテル)
アグエロ(マンチェスター・シティ)

・イグアインは今回も招集外に
2試合を残して南米予選5位とまさかの敗退危機に陥っているアルゼンチン。仮にこのままの順位で予選をフィニッシュした場合、ニュージーランドとの大陸間プレーオフに回ることとなる。他国との勝ち点差を考えると、6位以下となり予選敗退という可能性も大いにあり得る非常に厳しい状況だ。

そんな緊急事態に直面する指揮官ホルヘ・サンパオリは、前回に引き続いて今回もバルセロナのリオネル・メッシ、ユベントスのパウロ・ディバラ、マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロ、インテルのマウロ・イカルディ、パリ・サンジェルマンのディ・マリアといったトップスターを招集。

守備陣も、マンチェスター・シティのオタメンディ、バルセロナのマツチェラーノ、ローマのファシオといった実力者が名を連ねる。

リーグ戦で好調を維持しているユベントスのゴンサーロ・イグアインは今回も招集外となった。今回のサプライズ招集はフィオレンティーナでプレーするディフェンダーヘルマン・ペセジャだ。
この海外組メンバーの中に、数人の国内組を加えて予選に挑むこととなる。

これだけのメンツを擁してなぜ南米5位に甘んじているのか、いささか理解し難い現状にあるアルゼンチンだが、仮に残り2試合で勝ち点6が取れない場合、予選敗退という悪夢が現実になるかもしれない。
アルゼンチン代表は、10月5日にホームでペルー代表と、10日にアウェーでエクアドル代表と対戦するが、とりわけ勝ち点同数で4位のペルーとの直接対決は絶対に負けられない。