「イタリア」タグアーカイブ

最新ワールドカップ欧州予選結果【アイスランドがクロアチア相手に劇的金星!】

・最新ワールドカップ欧州予選結果
現地時間11日、ワールドカップ欧州予選第6節3日目が各国で行われた。
試合結果は以下の通り。

●グループD
・セルビア1-1ウェールズ
・アイルランド1-1オーストリア
・モルドバ2-2ジョージア

●グループG
・マケドニア1-2スペイン
・イタリア5-0リヒテンシュタイン
・イスラエル0-3アルバニア

●グループI
・アイスランド1-0クロアチア
・フィンランド1-2ウクライナ
・コソボ1-4トルコ

・イタリア、スペインともに勝利
スペインとイタリアが同居するグループGでは、スペインがマケドニアと、イタリアはリヒテンシュタインとそれぞれ激突した。
スペインはジエゴ・コスタとダビド・シルバの得点で2-1で勝利。対するイタリアも、ホームでロレンツォ・インシーニェ、フェデリコ・ベルナルデスキ等のスーパーゴール等により危なげなく大勝し、両者が勝ち点3を積み上げて共に16とした。
5勝1敗と戦績も全く五分の両者は、9月に行われる次節天王山で相まみえる。

グループDでは、絶対的エースのギャレス・ベイルを出場停止で欠いたウェールズとセルビアが、アイルランドがオーストリアと対戦。ウェールズは、前半にラムジーのペナルティキックで幸先よく先制するも、終盤にセルビアのミトロビッチに同点弾を許し、両者痛み分けのドロー。アイルランド×オーストリアの試合も同じく1-1のドローとなった。

これにより勝ち点12でセルビア、アイルランドと続き、勝ち点8でウェールズ、オーストリアが追いかける状況は変わらず。欧州選手権ベスト4のウェールズにとっては、首位セルビア相手になんとか勝利して巻き返したいところだったが、その願いはかなわず、依然プレーオフ圏外に甘んじている。

・アイスランドが首位クロアチアに劇的勝利
グループIでは、ドラマがあった。首位のクロアチアをホームに迎えた2位アイスランドが、終了間際のマグヌーソンのゴールで金星を挙げた。トルコやウクライナも順調に勝ち点3を積み上げたため、グループIは勝ち点2差でクロアチア、アイスランド、トルコ、ウクライナの4チームがひしめき合うという混戦状態に。

欧州予選はどのグループも残すところ4試合となったが、はたしてロシアワールドカップへの切符を手にする国はどこになるのか。どのグループの、どのチームも最後まで気を抜くことができない状態だ。

最新国際親善試合結果【ハメス・ロドリゲスら先発のコロンビアはスペインと激突】

・最新国際親善試合結果

7日世界各国で国際親善試合が行われた。

<試合結果>
・日本1-1シリア
・イタリア3-0ウルグアイ
・スペイン2-2コロンビア
・フィンランド1-1リヒテンシュタイン
・イラク0-0韓国
・中国8-1フィリピン
・UAE 4-0ラオス
・香港0-0ヨルダン
・ジョージア3-0セントキッツ&ネビス

・スペインとコロンビアは痛み分け
中でも注目されていたカードはスペイン対コロンビア。この日、カルバハルやセルヒオ・ラモスといったチャンピオンズリーグ決勝でスタメン出場をした選手はベンチ外だったスペイン、一方コロンビアは決勝戦で途中出場したクアドラードをはじめ、ハメス・ロドリゲス、ファルカオ等が先発した。

まず前半21分にスペインが先制する。ペドロの右クロスをダビド・シルバが決めて1-0。しかし39分にはミスからカルドナにゴールを許し1-1で試合を折り返す。後半立ち上がり、勢いに乗ったコロンビアが試合をひっくり返すことに成功。ハメス・ロドリゲスが蹴ったコーナーキックをファルカオが頭で合わせて勝ち越し。
試合はそのまま終了するかに思われたが、最後に途中出場したアルバロ・モラタが値千金の同点ゴールを沈めて、試合は2-2のドローで終わった。

・その他の注目カード
もう一つの注目カード、イタリア対ウルグアイは試合開始早々のヒメネスのオウンゴールでイタリアが先制。試合終盤にはエデルが決めて2-0。さらに後半アディショナルタイムにエルシャーラウィがエリア内でドリブル突破したところ、相手に倒されPKを奪取。それをデ・ロッシが落ち着いて決めてとどめを刺した。結果、3-0でウルグアイを圧倒した。尚、ウルグアイはスアレスやカバーニといった絶対的エースは出場していない。

その他、日本代表はホームにシリアをむかえて、1-1のドロー。12日にワールドカップ予選のイラク戦を控える日本は不安を残す形となった。また、この試合でエースである香川真司が肩を脱臼してしまい、最終予選を前に代表離脱が決定。試合結果以上に大きな代償を払うこととなってしまった。

一方次回相対するイラクは、韓国とスコアレスドロー。韓国はトッテナムで活躍するソン・フンミン、アウクスブルクのチ・ドンウォンといった欧州勢をそろって先発させるも、結果は振るわなかった。