「サウール・ニゲス」タグアーカイブ

ドイツがスペインを破って幕を閉じたU-21欧州選手権 ベストイレブンを発表!

・大会MVPに輝いたのは…?
6月30日、決勝戦でドイツ代表がスペイン代表を破って4大会ぶり2回目の優勝に輝き幕を閉じたU-21欧州選手権。

レアル・マドリードのアセンシオやアトレティコ・マドリードのサウール・ニゲス、バルセロナへの復帰が決まったデウロフェウ等、世界的ビッグネームを多数有したスペインは優勝候補一番手とされていたが、コンフェレデレーションズカップに参加しているA代表に主力を引き抜かれ、事実上2軍となったドイツに敗れるという波乱の幕引きとなった同大会。

そんなU-21欧州選手権だが、大会終了後個人タイトル、ベストイレブンがそれぞれ発表された。それぞれの選考は以下の通りとなっている。

<大会MVP>
サウール・ニゲス(スペイン/アトレティコ・マドリー)

<プレーヤー・オブ・ザ・トーナメント>
ダニ・セバジョス(スペイン/ベティス)

<得点王>
サウール・ニゲス(スペイン/アトレティコ・マドリー)

<ベストイレブン>
GK
ユリアン・ポラースベック(ドイツ/カイザースラウテルン)

DF
ミラン・シュクリニアル(スロバキア/サンプドリア)
イェレミー・トリャン(ドイツ/ホッフェンハイム)
ニクラス・シュタルク(ドイツ/ヘルタ・ベルリン)
ヤニック・ゲアハルト(ドイツ/ヴォルフスブルク)

MF
マキシミリアン・アーノルド(ドイツ/ヴォルフスブルク)
ダニ・セバジョス(スペイン/ベティス)
マックス・マイヤー(ドイツ/シャルケ)
サウール・ニゲス(スペイン/アトレティコ・マドリー)

FW
マルコ・アセンシオ(スペイン/レアル・マドリー)
フェデリコ・ベルナルデスキ(イタリア/フィオレンティーナ)

・優勝ドイツから最多の6名選出
ゴールデンブーツ賞(MVP)は準決勝のイタリア戦でハットトリックを記録したアトレティコ・マドリードのサウール・ニゲスが受賞し、得点王も5得点でサウール・ニゲスが受賞している。

ベストイレブンは、優勝したドイツから最多の6名、次にスペインから3名、スロバキア、イタリアから1名ずつ選出された。

ベストイレブンこそ優勝したドイツからの選出が最多となっているが、個人タイトルは準優勝のスペイン勢が総なめした。とくに今大会のサウール・ニゲスの活躍は目を見張るものがあり、イタリア戦は大会通してのハイライトとなるような活躍を見せた。また、所属先のアトレティコ・マドリードは大会後に異例となる9年の契約延長を行使している。
チームとしてのタイトルこそ逃してしまったものの、個人としてはこの上ない活躍を見せたニゲス。将来間違いなくスペインA代表を引っ張っていく存在になるだろう。

U-21欧州選手権準決勝イタリア×スペイン 今度はあの男がハットトリック

・今大会最注目の一戦
ポーランドで開催されているU-21欧州選手権は27日準決勝が行われ、スペインとイタリアが激突した。

スペインには先日のチャンピオンズリーグ決勝でもゴールを決めたアセンシオやミランのデウロフェウ、イタリアにはプレミアで得点を量産するガリアルディーニやミランの守護神ドンナルンマをはじめとした、欧州主要リーグでレギュラーとして活躍している選手を多くそろえるチーム同士の注目の対決。
また両チームは、グループリーグでも猛威を振るって、お互い首位で突破してきた者同士でもある。

そんな今大会注目のカードは、後半に初めて均衡が破れる。52分ペナルテイエリア真ん中でパスを受けたスペインのサウール・ニゲスが、左足で華麗にシュート。守護神ドンナルンマが精いっぱい伸ばした手をすり抜けて、ゴール右隅へ突き刺さった。

ビハインドを負ったイタリアだが、57分にロベルト・ガリアルディーニが相手に危険なタックルを見舞ったとして一発退場となってしまう。数的不利に陥ったイタリアだったが、それでも61分に待望の同点ゴールを決める。

ペナルテイエリア手前から、フェデリコ・ベルナルデスキが右足ミドルシュートを放つと、これがスペインディフェンダーに当たってボールがディフレクトしゴールに突き刺さった。これでイタリアが試合を振り出しに戻すことに成功。

しかし、同点に追いつかれた3分後、スペインが勝ち越しゴールを決める。サウール・ニゲスがペナルテイエリア手前から鋭いミドルシュートを放ち、これがまたしてもゴール右隅に決まった。サウールの2度目のスーパーゴールでスペインが再びリード。

さらに73分、左サイドからの折り返しに三度サウール・ニゲスが左足ワンタッチで合わせてゴール。ハットトリックを達成したサウールの活躍で、スペインがイタリアを3-1で退けた。

この日はグループリーグで大爆発したアセンシオこそ不発だったスペインだが、強豪アトレティコ・マドリードで主力としてシーズンを戦ったサウール・ニゲスの活躍で見事にライバルを蹴落とした。
イタリアからすると、ガリアルディーニが退場するまでにいくつか決定機があったため、これを取りこぼしていなければまた違った結果になっていたかもしれない。

決勝へコマを進めたスペインは、28日ドイツと相まみえる。