「スウェーデン代表」タグアーカイブ

イブラがスウェーデンサッカー協会に皮肉コメント?

イブラ「俺のいないスウェーデン代表は優勝候補だ」

イブラヒモビッチスウェーデンの皇帝がまたワールドカップに挑むスウェーデン代表について言及したようだ。
続きを読む イブラがスウェーデンサッカー協会に皮肉コメント?

【ロシアワールドカップ出場国紹介】スウェーデン代表

ロシアW杯出場国紹介:スウェーデン代表

イブラヒモビッチ今年6月に開幕するロシアワールドカップ。当ブログでは、そんなワールドカップの出場全32か国を1チームずつ紹介していく。
今回紹介するのは、熾烈なヨーロッパ予選から勝ち上がってきたスウェーデン代表だ。
続きを読む 【ロシアワールドカップ出場国紹介】スウェーデン代表

イブラヒモビッチがW杯で電撃復帰?本人は「可能性ある」

イブラヒモビッチが代表復帰について発言

ズラタン2016年にフランスで開催されたヨーロッパ選手権を最後に、スウェーデン代表から引退していたズラタン・イブラヒモビッチ(マンチェスター・ユナイテッド)だが、今年6月から開幕するロシアワールドカップで代表復帰を果たす可能性を自ら示唆しているようだ。
続きを読む イブラヒモビッチがW杯で電撃復帰?本人は「可能性ある」

W杯欧州予選プレーオフ全日程終了!イタリアはまさかの敗退…

・イタリアが破れさる大波乱
ロシアワールドカップ欧州予選プレーオフ4カード8試合が、現地時間11月9日~11月14日にかけて行われた。
続きを読む W杯欧州予選プレーオフ全日程終了!イタリアはまさかの敗退…

予選敗退のイタリア代表 06年優勝メンバーが次々引退表明…

・予選敗退で次々と主力引退のアズーリ
15大会連続のワールドカップ出場を目指すイタリア代表は、スウェーデン代表にトータルスコア0-1で敗れてしまい、60年ぶりの予選敗退となってしまった。
続きを読む 予選敗退のイタリア代表 06年優勝メンバーが次々引退表明…

イタリアとのPOに挑むスウェーデン代表がメンバー発表

・スウェーデン代表がメンバー発表
現地時間1日、スウェーデンサッカー協会は今月行われるロシアワールドカップヨーロッパ予選プレーオフ2試合に挑むスウェーデン代表25名を発表した。
続きを読む イタリアとのPOに挑むスウェーデン代表がメンバー発表

イタリア対スウェーデンは現実のものに…欧州予選PO組み合わせ結果

・まさかのイタリア対スウェーデン
現地時間17日、スイスチューリッヒで2018ロシアワールドカップのヨーロッパ予選プレーオフの組み合わせ抽選会が行われた。ドローの結果、懸念されていたイタリア対スウェーデンという強豪の潰し合いが現実のものとなってしまった。
続きを読む イタリア対スウェーデンは現実のものに…欧州予選PO組み合わせ結果

スウェーデン代表メンバー発表 グイデッティ、フォルスベリ等選出

グループステージ・2018ワールドカップ
2017年12月2日を更新しました

・グイデッティ復帰のスウェーデン代表
現地時間27日、スウェーデンサッカー協会は、来月行われるロシアワールドカップヨーロッパ予選の2試合に挑むスウェーデン代表メンバー23名を発表した。

スウェーデンは、フランス、オランダ、ブルガリア、ルクセンブルク、ベラルーシが同居するグループAに入っており、現在5勝1分け2敗の勝ち点16で2位となっている。ワールドカップ本戦ストレートインの権利が得られる1位にはフランスが君臨しているが、勝ち点差はわずかに「1」。ラスト二試合でフランスをかわして本線突破の可能性も大いにある。

そんなスウェーデン代表メンバーには、今夏からマンチェスター・ユナイテッドでプレーするビクトル・リンデロフ、昨シーズンブンデスリーガで躍進を遂げたライプツィヒのエミル・フォルスベリ、ハル・シティのセバスティアン・ラーション、ギャンガンの守護神カール=ヨハン・ヨハンソン等ベストメンバーが選ばれた。

また、前回招集が見送られたセルタのヨン・グイデッティも今回はメンバーに選ばれている。唯一のアジアクラブからの選出となったアル・アインのマルクス・ベリにも注目だ。

スウェーデン代表は、10月7日にホーム(ソルナ)でルクセンブルクと、10日にアウェー(アムステルダム)でオランダと対戦する。とりわけ勝ち点3差で3位に位置するオランダとの直接対決は絶対に負けられない戦いだ。2014年ブラジルワールドカップは出場を逃したスウェーデン、はたして黄色い精鋭たちは夢の舞台に返り咲くことはできるだろうか。

GK
カール=ヨハン・ヨハンソン(ギャンガン/フランス)
クリストファー・ノードフェルト(スウォンジー/イングランド)
ロビン・オルセン(コペンハーゲン/デンマーク)

DF
フィリップ・ヘランデル(ボローニャ/イタリア)
アンドレアス・グランクビスト(FCクラスノダール/ロシア)
エミル・クラウス(ボローニャ/イタリア)
マルティン・オルソン(スウォンジー/イングランド)
ミカエル・ルスティグ(セルティック/スコットランド)
ポントゥス・ヤンソン(リーズ/イングランド)
ビクトル・リンデロフ(マンチェスター・ユナイテッド/イングランド)
ルドヴィグ・アウグスティンション(ブレーメン/ドイツ)

MF
エミル・フォルスベリ(ライプツィヒ/ドイツ)
ケン・セマ(エステルスンド)
ビクトル・クレッソン(クラスノダール/ロシア)
ヤコブ・ヨハンソン(AEKアテネ/ギリシャ)
セバスティアン・ラーション(ハル・シティ/イングランド)
マルクス・ローデン(クロトーネ/イタリア)
グスタヴ・スベンソン(シアトル・サウンダース/アメリカ)
アルビン・エクダル(ハンブルガーSV/ドイツ)

FW
オラ・トイヴォネン(トゥールーズ/フランス)
イサーク・キエセ・テリン(ワースラント・ベヘレン/ベルギー)
マルクス・ベリ(アル・アイン/UAE)
ヨン・グイデッティ(セルタ/スペイン)

イブラヒモビッチまさかのユナイテッド復帰も?「可能性は高い」

・驚異的な回復を見せるイブラヒモビッチ
昨シーズン4月に行われたヨーロッパリーグのアンデルレヒト戦で、右膝十字靭帯断裂の重傷を負って契約延長交渉が急遽白紙になりマンチェスター・ユナイテッドを電撃退団したズラタン・イブラヒモビッチ。なんと、退団発表したばかりのこのスウェーデンの英雄を、マンチェスター・ユナイテッドが再獲得するかもしれないとイギリス各メディアが報じている。

イブラヒモビッチは、無事手術に成功し現在は本格的なリハビリを開始している。また、ユナイテッドもイブラヒモビッチに協力しようと、トレーニンググラウンドと練習場のリハビリ施設を提供しているんだとか。

そういった協力もあって、イブラヒモビッチの回復ぶりはこの上なく順調で、故障直後の発表では2017年中の復帰は絶望的だろうと言われていたが、順調にいけば早くて今年10月あたりに復帰できる見通しなんだそうだ。これは、前例のない驚異の回復力と言って差し支えないだろう。

・センターフォワード手薄のユナイテッド
そんなイブラヒモビッチの回復を間接的に手助けしているユナイテッドだが、今夏7500万ポンド(約105億円)プラスボーナスでエバートンからベルギー代表のストライカー、ロメル・ルカクを獲得した。
しかし、トレードのような格好でウェイン・ルーニーがエバートンへ移籍したため、変わらず純粋なセンターフォワードはルカクとイングランド代表のマーカス・ラッシュフォードの2人だけということになる。

一時はレアル・マドリードからアルバロ・モラタの獲得も濃厚だとされていたが、ルカク獲得に大金を投じたため交渉が白紙になったのではといった噂もある。そこで、一時は退団をした元エースの再獲得に動く可能性が高いとされているのだ。

イブラヒモビッチは、中国リーグ、アメリカリーグ等からもオファーを受けているそうだが、万が一マンチェスター・ユナイテッドが正式オファーを提示すればユナイテッドをファーストチョイスにする可能性が高い。

昨シーズンは公式戦チーム最多得点数となる28得点を決めたイブラヒモビッチは、ジョゼ・モウリーニョのチームにおいて「絶対的エース」として君臨していた。はたして、電撃退団の後の電撃復帰は実現するのだろうか。今夏、未だ例のない非常に奇妙な復活劇が見られるかもしれない。今後も、リハビリ中のスウェーデンの英雄の動向に注目だ。