「チョン・ウヨン」タグアーカイブ

チョン・ウヨン「我々はW杯に出場できる。我々を恐れないチームはない。」

・FIFAが韓国代表を特集
FIFA公式サイトが11日、韓国代表チョン・ウヨンのインタビューを更新した。このインタビューで、ヴィッセル神戸での主将歴もあるチョン・ウヨンは、自国のワールドカップ出場へ意気込みを語った。

現在、ロシアワールドカップを目指す韓国代表は、アジア最終予選で8試合を消化して勝ち点13の2位につけている。1位のイランは6勝2分と圧倒的な実力を見せて既に本戦出場を確定させており、韓国は勝ち点差1に迫る3位のウズベキスタンと2位争いを繰り広げているという状況だ。

今やワールドカップ常連国となった韓国は、8大会連続出場中で、今予選で近年では稀に見ぬ苦戦を強いられている。FIFA公式サイトは、「韓国の予選突破に黄色信号がともるのは今回がはじめてのことだ」と危機的状況であることを説明。

インタビューでチョン・ウヨンは、「ワールドカップは幼少期からの大きな夢だ。あと少しですべてが決まることになるが、後悔だけはしたくない。我々はロシア行きのチケットを手に入れることができると信じている」と語った。

・なんとかイラン戦で勝ち点3が欲しいところ
次節8月31日に、無敗、無失点の首位イランとホームで対戦する韓国。この試合で勝ち点を奪取することは至上命題だが、前回の対戦、2014年ブラジルワールドカップの予選でもイランに苦杯をけっしている。
さらに、最終節には3位のウズベキスタンとのアウェー戦が控えている。理想としては、イラン戦でなんとか勝ち点3をもぎ取って、最後ウズベキスタンとの直接対決に備えたいところだろう。

今予選ここまで7試合に出場しているチョン・ウヨンは、「正直に言うと、このスケジュールが我々をより苦しめている。なんといっても最後の大一番がアウェー戦だからね」と話し、最後の山場があまりに厳しい日程であることを嘆いている様子だ。

ただ、同時に「アジアにおいて、韓国を恐れないチームは存在しない。これまでそれだけの名声を築きあげていきたんだ。どんなチームが相手だろうと、我々がベストなチームだと信じて戦う。最後まで自信を持ち続けることができれば、最終的に我々はこの予選を勝ち抜くことができるはずだ」とワールドカップ出場へ自信をのぞかせている。

監督交代、エース不在と不安要素も多い韓国。はたして彼らの運命は如何に…。韓国代表は31日にイランをホームに迎え、9月5日にウズベキスタンとアウェーで直接対決に挑む。