「パラグアイ」タグアーカイブ

ウルグアイ、アルゼンチン、パラグアイがW杯共催立候補

・南米3カ国ワールドカップ共催立候補か
FIFAワールドカップは、2030年大会で開催から30周年を迎える。米スポーツ専門放送局「ESPN」によると、そんな記念すべき大会に、初代チャンピオンのウルグアイと、過去2回優勝経験のあるアルゼンチンと、パラグアイという南米3カ国が共催で立候補すそうだ。

1930年のウルグアイ大会から、100周年の節目を迎える大会となる2030年ワールドカップ。これまでアルゼンチンとウルグアイがタッグを組んで共催しようという話が持ち上がっていたが、ここに同じく南米のパラグアイが加わる運びとなるそうだ。正式な立候補は4年後となるが、既に立候補する方向性で3か国が団結している模様。

国際サッカー連盟会長のジャンニ・インファンティーノは、現地時間4日にアルゼンチンを訪問し、アルゼンチンサッカー協会とコンタクトを取ったそうだ。その後インファンティーノは、「アルゼンチンは、今日のフットボール史を築き上げるために多大な貢献をしてきた」と語っており、アルゼンチンのワールドカップ開催に非常に好意的な姿勢を示している。

さらに、イギリスメディア「BBC」によれば、パラグアイの大統領オラシオ・カルテスは、「4年後の正式立候補に向けた話し合いが11月の第一週に早速行われる予定だ」と明かしており、早くもアルゼンチン、ウルグアイとともにワールドカップ開催に向けて来月にも具体的な議論を行う予定としている。

ちなみに、ワールドカップは現在出場チームが32か国となっているが、現行の出場国数は2018年開催のロシアワールドカップ、2022年開催のカタールワールドカップまでのものとなっており、2026年大会から16ヶ国増の48ヶ国に変更されることが既に確定している。
大会の規模が拡大するとともに、2026年大会もメキシコ、アメリカ、カナダといった北中米カリブ海3か国が共催での立候補をすることも既に内定している。

2026年、2030年とこれら3ヶ国での開催が現実のものとなった場合、それ以降のワールドカップもこれまでのような一か国開催ではなく「共催」での開催がスタンダードになっていくことも考えられる。果たして、2002年の日韓ワールドカップ以来のワールドカップ共催は実現するのだろうか?