「メッシ」タグアーカイブ

崖っぷちアルゼンチン、メッシ、ディバラ等招集 イグアインは選外

・アルゼンチン代表メンバー発表
現地時間15日、アルゼンチンサッカー協会が来月行われるロシアワールドカップ南米予選2試合に向けての海外クラブ所属代表メンバーを公表した。

アルゼンチン代表メンバーは以下の通り。
GK
グスマン(ティグレス)
マルチェシン(クラブ・アメリカ)
ロメロ(マンチェスター・ユナイテッド)

DF
マンマナ(ゼニト)
ファシオ(ローマ)
ペセジャ(フィオレンティーナ)
オタメンディ(マンチェスター・シティ)
メルカド(セビージャ)
マスチェラーノ(バルセロナ)

MF
リゴーニ(ゼニト)
アクーニャ(スポルティングCP)
サルビオ(ベンフィカ)
アレハンドロ・ゴメス(アタランタ)
ビグリア(ミラン)
パレデス(ゼニト)
バネガ(セビージャ)
ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)

FW
メッシ(バルセロナ)
ディバラ(ユベントス)
イカルディ(インテル)
アグエロ(マンチェスター・シティ)

・イグアインは今回も招集外に
2試合を残して南米予選5位とまさかの敗退危機に陥っているアルゼンチン。仮にこのままの順位で予選をフィニッシュした場合、ニュージーランドとの大陸間プレーオフに回ることとなる。他国との勝ち点差を考えると、6位以下となり予選敗退という可能性も大いにあり得る非常に厳しい状況だ。

そんな緊急事態に直面する指揮官ホルヘ・サンパオリは、前回に引き続いて今回もバルセロナのリオネル・メッシ、ユベントスのパウロ・ディバラ、マンチェスター・シティのセルヒオ・アグエロ、インテルのマウロ・イカルディ、パリ・サンジェルマンのディ・マリアといったトップスターを招集。

守備陣も、マンチェスター・シティのオタメンディ、バルセロナのマツチェラーノ、ローマのファシオといった実力者が名を連ねる。

リーグ戦で好調を維持しているユベントスのゴンサーロ・イグアインは今回も招集外となった。今回のサプライズ招集はフィオレンティーナでプレーするディフェンダーヘルマン・ペセジャだ。
この海外組メンバーの中に、数人の国内組を加えて予選に挑むこととなる。

これだけのメンツを擁してなぜ南米5位に甘んじているのか、いささか理解し難い現状にあるアルゼンチンだが、仮に残り2試合で勝ち点6が取れない場合、予選敗退という悪夢が現実になるかもしれない。
アルゼンチン代表は、10月5日にホームでペルー代表と、10日にアウェーでエクアドル代表と対戦するが、とりわけ勝ち点同数で4位のペルーとの直接対決は絶対に負けられない。

アルゼンチン代表が23名のメンバーを発表!イグアインは選外

・アルゼンチン代表メンバー発表
現地時間11日、アルゼンチンサッカー連盟はワールドカップ南米予選に挑むアルゼンチン代表メンバー23人を発表した。

アルゼンチン代表メンバーは以下の通り。
▼GK
セルヒオ・ロメロ(マンチェスター・U)
ナウエル・グスマン(ティグレス)
ヘロニモ・ルジ(レアル・ソシエダ)

▼DF
ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ)
フェデリコ・ファシオ(ローマ)
ニコラス・オタメンディ(マンチェスター・C)
ガブリエル・メルカド(セビージャ)
ニコラス・パレハ(セビージャ)

▼MF
エベル・バネガ(セビージャ)
ルーカス・ビリア(ミラン)
アウグスト・フェルナンデス(アトレティコ・マドリード)
レアンドロ・パレデス(ゼニト)
グイド・ピサーロ(セビージャ)
アンヘル・ディ・マリア(パリ・サンジェルマン)
マルコス・アクーニャ(スポルティング)
ハビエル・パストーレ(パリ・サンジェルマン)
マヌエル・ランシーニ(ウェストハム)
エドゥアルド・サルビオ(ベンフィカ)

▼FW
リオネル・メッシ(バルセロナ)
パウロ・ディバラ(ユヴェントス)
マウロ・イカルディ(インテル)
ホアキン・コレア(セビージャ)
セルヒオ・アグエロ(マンチェスター・C)

・イグアインが入れない!?
今回は、海外組のみの構成となっているアルゼンチン代表メンバーだが、バルセロナ所属のリオネル・メッシや、パリ・サンジェルマン所属のアンヘル・ディマリア、今シーズンからユベントスで10番を着けることになったパウロ・ディバラらが順当に選出されている。

また、マンチェスター・シティ所属のセルヒオ・アグエロとパリ・サンジェルマン所属のハビエル・パストーレも復帰。
その一方で、ユベントス所属のゴンサーロ・イグアインがメンバーから漏れた。セリエA優勝、チャンピオンズリーグファイナリストのチームでエースのイグアインでさえメンバーに入ることができないというだけで、アルゼンチンの攻撃陣の層の厚さを物語っている。

守備陣では、バルセロナ所属のハビエル・マスチェラーノやセビージャ所属のガブリエル・メルカドらが順当に選出された。

アルゼンチン代表は、ロシアワールドカップ南米予選で現在プレーオフ圏内の5位に位置している。近年では例のない苦戦っぷりで、本大会出場に黄色信号がともっているが、とくに31日に行われる現在3位のウルグアイとのアウェー戦は是が非でも落とせない。
対するウルグアイの方も、ルイス・スアレスやエジソン・カヴァーニといったタレントを筆頭にフルメンバーを揃えてくるだろう。

アルゼンチン代表は、その後の最下位ベネズエラ戦もしっかり勝利して、2試合で勝ち点6を積み上げたいところだ。

伝統の南米対決はアルゼンチンに軍配!ブラジルの猛攻を最後まで凌ぎきる

・9万5000人がつめかけた伝統の一戦
9日、オーストラリアのメルボルンで、ブラジルとアルゼンチンによる親善試合(スーペルクラシコ)が行われた。この試合でアルゼンチンが絶好調ブラジルを1-0で退け、ワールドカップ予選に向けてこの上ない大きな弾みをつけることに成功。

「南米の顔」である両チームの対戦を一目見ようと、メルボルン・クリケット競技場にかけつけたサポーターの数はなんと9万5000人。そんな大観衆が見守る中、アルゼンチンはセビージャでプレーするガブリエル・メルカドのこの日唯一のゴールでライバルを下した。

ワールドカップ予選でも他を寄せ付けない強さでグループ首位を独走し、すでに本戦出場を決めている世界ランク1位のブラジルだったが、この日はネイマールを欠いたこともあり自慢の攻撃陣が不発。
試合自体はブラジルが優位に展開するも、アルゼンチンに値千金の一発を仕留められた格好となった。今予選14試合でわずか1敗、10失点しかしていないブラジルが珍しく膝を着いた瞬間だった。

・この勝利をきっかけにチームを立て直すことができるか?
それぞれのチーム情勢を考慮すると、いわば「金星」と言ってもいいような大きな勝利を手にした一方のアルゼンチンは、ワールドカップ予選で本戦ストレートイン圏外の5位と低迷している。残すはたったの4試合と言うことで、ロシア行きがいよいよ本格的に危ぶまれる非常事態となっている。

この日勝利を収めた、ホルヘ・サンパオリ監督の初陣となったアルゼンチンだが、試合の中身はというと、ガブリエウ・ジェズスやウィリアンのシュートが立て続けにポストを叩くなど、たびたびブラジルの猛攻にさらされ、終始ゲームを支配されていた。また、絶対的エースであるリオネル・メッシも、この日はブラジルのディフェンス陣に徹底的にシャットアウトされ、ほとんど何もすることができなかった。

試合内容をひも解いてみると、ワールドカップ本戦出場に向けて不安の残る内容であったことは間違いないが、ホルヘ・サンパオリは試合後、「我々にとって苦しい時間帯が多かったが、そうした時間帯も含めて今日の選手たちの働きぶりを高く評価したい。準備万全とは言い難い状態ではあったが、チームとしていいプレーができ、アルゼンチンの魂を見せられた。対ブラジル戦は非常に重要な勝利で、いつだって単なる親善試合ではないのだから。」とあくまで勝利したチームに賛辞を送った。