「ラダメル・ファルカオ」タグアーカイブ

日本の初戦の相手コロンビア代表がW杯候補メンバー発表!

各ポジションにタレント揃うコロンビア

ハメス・ロドリゲス現地時間12日、コロンビアサッカー協会はロシアワールドカップに挑むコロンビア代表候補メンバーを35名発表した。
続きを読む 日本の初戦の相手コロンビア代表がW杯候補メンバー発表!

【ロシアワールドカップ出場国紹介】コロンビア代表

ロシアW杯出場国紹介:コロンビア代表

ハメス・ロドリゲス今年6月に開幕するロシアワールドカップ。当サイトでは、そんなワールドカップの出場全32か国を1チームずつ紹介していく。
最後に紹介するのは、南米予選から勝ち上がってきたコロンビア代表だ。
続きを読む 【ロシアワールドカップ出場国紹介】コロンビア代表

W杯の日本の対戦相手コロンビア 市場価値が高いトップ20の選手紹介

・コロンビアで市場価値が最も高いのは…
とうとうワールドカップイヤーの2018年に突入し、本大会開幕の6月14日まで半年と迫った。
続きを読む W杯の日本の対戦相手コロンビア 市場価値が高いトップ20の選手紹介

コロンビア代表メンバー発表 ハメス、ファルカオ等選出

グループステージ・2018ワールドカップ
2017年12月2日を更新しました

・ハメス、ファルカオ等ベストメンバー選出
コロンビアサッカー協会は、来月行われるロシアワールドカップ南米予選2試合に挑むコロンビア代表メンバー26人を発表した。

コロンビアは現在ワールドカップ予選において、ブラジル、ウルグアイに次ぐ3位で本戦出場圏内に位置している。しかしながら、4位ペルー、5位アルゼンチンとの勝ち点差はわずかに「2」となっているため、残り二試合で確実に勝ち点を積み上げなければならない。さらには6位に南米王者のチリも勝点3差で控えている。

そんなコロンビア代表の指揮官ホセ・ペケルマンは、最後の大一番にモナコからラダメル・ファルカオ、バイエルン・ミュンヘンからハメス・ロドリゲス、ユベントスからフアン・クアドラード、ミランからクリスティアン・サパタといったいつもの主力メンバーを順当に選出した。

本田圭佑の同僚でパチューカのオスカル・ムリージョも選出されている。また、中国リーグ上海申花からジョヴァンニ・モレノが唯一のアジアクラブ在籍選手として選出された。

コロンビア代表は、10月5日にホーム(バランキージャ)でパラグアイ代表と、10月10日にアウェー(リマ)でペルー代表と対戦する。第一戦の格下パラグアイ戦はさることながら、4位ペルーとのアウェーでの直接対決は是が非でも負けられない。ここで勝ち点3を獲得したチームは、ロシア行きのチケットを手にすることができるだろう。
史上まれに見ぬ大混戦となっている南米予選、果たして最後に笑うのはコロンビアか、ペルーか、アルゼンチンか、はたまたチリか…?

<コロンビア代表メンバー>
GK
カミーロ・バルガス(アトレティコ・ナシオナル)
ダビド・オスピナ(アーセナル/イングランド)
レアンドロ・カステリャノス(サンタフェ)

DF
オスカル・ムリージョ(パチューカ/メキシコ)
サンティアゴ・アリアス(PSV/オランダ)
フランク・ファブラ(ボカ・ジュニオルス/アルゼンチン)
ファリド・ディアス(オリンピア/パラグアイ)
ダビンソン・サンチェス(トッテナム/イングランド)
クリスティアン・サパタ(ミラン/イタリア)
ステファン・メディナ(モンテレイ/メキシコ)

MF
ハメス・ロドリゲス(バイエルン/ドイツ)
エドウィン・カルドナ(ボカ・ジュニオルス/アルゼンチン)
ウィルマル・バリオス(ボカ・ジュニオルス/アルゼンチン)
アベル・アギラール(デポルティーボ・カリ)
フアン・クアドラード(ユヴェントス/イタリア)
カルロス・サンチェス(フィオレンティーナ/イタリア)
マテウス・ウリベ(クラブアメリカ/メキシコ)
グスタボ・クエジャル(フラメンゴ/ブラジル)
ジョヴァンニ・モレノ(上海申花/中国)

FW
カルロス・バッカ(ビジャレアル/スペイン)
ラダメル・ファルカオ(モナコ/フランス)
ジミ・チャラ(ジュニオール)
ウィリアム・テシロ(サンタフェ)
ルイス・ムリエル(セビージャ/スペイン)
テオフィロ・グティエレス(ジュニオール)
ドゥヴァン・サパタ(サンプドリア/イタリア)

コロンビア代表メンバー26名発表!ハメスやファルカオ選出

・コロンビア代表メンバー26名発表
現地時間26日、コロンビアサッカー協会はワールドカップ南米予選のベネズエラ戦、ブラジル戦に挑むコロンビア代表メンバーを26名発表した。

コロンビア代表メンバーは以下の通り。

●GK
ダビド・オスピナ(アーセナル)
カミーロ・バルガス(A・ナシオナル)
レアンドロ・カステジャノス(サンタフェ)

●DF
ダビンソン・サンチェス(トッテナム)
サンティアゴ・アリアス(PSV)
ファリド・ディアス(オリンピア)
ステファン・メディナ(モンテレイ)
オスカル・ムリージョ(パチューカ)
クリスティアン・サパタ(ミラン)
フランシスコ・メサ(ティグレス)
フランク・ファブラ(ボカ・ジュニアーズ)
ウィリアム・テシージョ(サンタフェ)

●MF
カルロス・サンチェス(フィオレンティーナ)
ファン・クアドラード(ユベントス)
グスタボ・クエジャル(フラメンゴ)
ギジェルモ・レオン・セリス(V・ギマランエス)
ジョバンニ・モレノ(上海緑地)
エドウィン・カルドナ(ボカ・ジュニアーズ)
ウィルマル・バリオス(ボカ・ジュニアーズ)
アベル・アギラール(デポルティボ・カリ)
ハメス・ロドリゲス(バイエルン)

●FW
ラダメル・ファルカオ(モナコ)
ルイス・ムリエル(セビージャ)
ミゲル・ボルハ(パルメイラス)
ジミ・チャラ(ジュニオール)
テオフィロ・グティエレス(ジュニオール)

・熾烈な南米予選を勝ち上がることができるか
モナコ所属でエースのラダメル・ファルカオや、今夏レアル・マドリードからバイエルン・ミュンヘンへ移籍したハメス・ロドリゲス、ユベントス所属のファン・クアドラード、ミランのディフェンダークリスティアン・サパタ等、主力メンバーが順当に選出された。

今回は。彼らヨーロッパ組に加えて、ブラジル、アルゼンチン、コロンビア、メキシコと中南米各国のリーグからも数多く選出されているが、南米予選はメンバーを23名に絞る必要があるため、このリストの中から3人が脱落することになる。ヨーロッパ、中南米以外のクラブからは、中国の上海緑地に所属するジョバンニ・モレノがただ一人選出されている。

現在既に本大会出場を決めているブラジルに次いで2位に着けるコロンビア。暫定の順位ではロシアワールドカップへの出場は安泰のように思われるが、実は3位のウルグアイ、4位のチリ、5位のアルゼンチン、6位のエクアドルまでわずかに勝ち点4差でひしめき合っている状況だ。一つの黒星で、一気にワールドカップ出場圏外まで陥落することも十分にあり得る。

残り4節となった南米予選だが、はたしてこのあまりにも熾烈な争いを制してロシア行きの切符を手にするのはどのチームになるのだろうか。コロンビア代表は8月31日にベネズエラ代表とアウェーで、9月5日にブラジルとホームで対戦する。