「ルイス・スアレス」タグアーカイブ

スペイン、ポルトガル辛勝【6月20日試合結果一覧】

ロシアワールドカップ最新試合結果

※6月20日結果
●グループA
・ウルグアイ1-0サウジアラビア
●グループB
・ポルトガル1-0モロッコ
・イラン0-1スペイン
続きを読む スペイン、ポルトガル辛勝【6月20日試合結果一覧】

ウルグアイ代表候補メンバー26名発表!カバーニ、スアレス等選出

南米予選主力選手が順当に選出

エディンソン・カバーニ現地時間15日、ウルグアイサッカー協会は、ロシアワールドカップに挑むウルグアイ代表候補メンバー26人を発表した。
続きを読む ウルグアイ代表候補メンバー26名発表!カバーニ、スアレス等選出

ウルグアイ代表メンバー発表 長友同僚ムスレラ、スアレス等選出

スアレス、カバーニ等順当選出

ルイス・スアレスウルグアイサッカー協会は、今月行われるインターナショナルマッチウィークにおける2試合に向けたウルグアイ代表メンバーを発表した。
続きを読む ウルグアイ代表メンバー発表 長友同僚ムスレラ、スアレス等選出

【ロシアワールドカップ出場国紹介】ウルグアイ代表

ロシアW杯出場国紹介:ウルグアイ代表

ルイス・スアレス バルセロナ今年6月に開幕するロシアワールドカップ。当ブログでは、そんなワールドカップの出場全32か国を1チームずつ紹介していく。
第3回目は、熾烈な南米予選から勝ち上がってきたウルグアイ代表だ。
続きを読む 【ロシアワールドカップ出場国紹介】ウルグアイ代表

前回大会は追放処分を受けたスアレス 今大会狙うは「大会の顔」?

・前回「噛みつき事件」で追放となったスアレス
現地時間1日付のスペイン紙『マルカ』が、ウルグアイ代表でバルセロナに所属するルイス・スアレスが、今年6月に開幕するロシアワールドカップへ並々ならぬ意気込みを持って臨むということを伝えている。
続きを読む 前回大会は追放処分を受けたスアレス 今大会狙うは「大会の顔」?

ウルグアイ代表メンバー発表 負傷中のスアレスは選外に

・ウルグアイ代表メンバー発表
現地時間2日、ウルグアイサッカー協会は来月行われるテストマッチ二試合に向けたウルグアイ代表メンバー26名を発表した。
続きを読む ウルグアイ代表メンバー発表 負傷中のスアレスは選外に

アルゼンチンがまさかの出場圏外転落…【南米予選第17節】

・南米予選第17節試合結果
現地時間5日、ロシアワールドカップ南米予選第17節が行われ、4位ペルーと5位アルゼンチンの対戦などが行われた。各試合結果は以下の通り。

アルゼンチン0-0ペルー
ボリビア0-0ブラジル
ベネズエラ0-0ウルグアイ
コロンビア1-2パラグアイ
チリ2-1エクアドル

5位プレーオフ圏内に甘んじるアルゼンチン代表は、4位ペルーとホームで対戦しスコアレスドローに終わった。最終節を前にペルーをかわして出場圏内に入っておきたかったアルゼンチン代表だが、まさかの6位で最終節を迎えることとなってしまった。この日も相変わらずバルセロナ所属でエースのリオネル・メッシが機能せず、途中出場したユベントス所属のパウロ・ディバラも不発に終わった。

また、2位のウルグアイ代表もバルセロナ所属ルイス・スアレス、パリ・サンジェルマン所属エディンソン・カバーニが先発するも最下位ベネズエラ相手に痛恨のドロー。この結果、最終節を前にワールドカップ出場を確定させることができなかった。

3位のコロンビア代表は、モナコ所属ラダメル・ファルカオやバイエルン・ミュンヘン所属ハメス・ロドリゲス、ユベントス所属ファン・クアドラード等先発するも、パラグアイ相手にホームで痛すぎる敗戦。後半終盤にファルカオが先制ゴールを奪ったが、試合終了間際に立て続けにパラグアイにゴールを許し1-2と逆転負けを喫した。

南米王者で6位だったチリは、ホームで格下エクアドル相手に苦しみながら勝利。エドゥアルド・バルガスのゴールで先制すると、試合終盤にエクアドル代表ロマリオ・イバーラに同点弾を許すが、その直後にアーセナル所属アレクシス・サンチェスが勝ち越しゴールを決めて2-1で勝利。この結果、チリがコロンビア、ペルー、アルゼンチンをかわして一気に3位に浮上した。

尚、既にワールドカップへの出場を確定させている首位のブラジルは、ネイマール、ジェズス等先発もボリビア相手にスコアレスドローに終わっている。

さて、最終節を前にして未だにブラジル以外の出場国が決まらないという史上まれに見ぬ大混戦の模様を呈している南米予選だが、はたして最後に笑うのはどのチームになるのだろうか・・・。アルゼンチン代表は無事ロシア行きの切符を手にすることができるのだろうか。

ウルグアイ代表メンバー26名発表 ベンタンクール初招集!

・ウルグアイ代表国外クラブ所属メンバー発表
ウルグアイサッカー協会は、10月に行われるロシアワールドカップ南米予選に挑む国外クラブ所属代表メンバーを26人発表した。

ウルグアイ代表メンバーは以下の通り。
GK
マルティン・シルバ(ヴァスコ・ダ・ガマ/ブラジル)
マルティン・カンパーニャ(インディペンディエンテ/アルゼンチン)
フェルナンド・ムスレラ(ガラタサライ/トルコ)

DF
セバスティアン・コアテス(スポルティング/ポルトガル)
マキシミリアーノ・ペレイラ(ポルト/ポルトガル)
マルティン・カセレス(ヴェローナ/イタリア)
ガストン・シルバ(インディペンディエンテ/アルゼンチン)
フェデリコ・リッカ(マラガ/スペイン)
マウリシオ・レモス(ラス・パルマス/スペイン)
ホセ・ヒメネス(アトレティコ・マドリー/スペイン)
ディエゴ・ゴディン(アトレティコ・マドリー/スペイン)

MF
マティアス・ヴェシーノ(インテル/イタリア)
ジョルジアン・デ・アラスカエタ(クルゼイロ/ブラジル)
ニコラス・ロデイロ(シアトル・サウンダース/アメリカ)
ジョナタン・ウレタビスカヤ(パチューカ/メキシコ)
ナヒタン・ナンデス(ボカ・ジュニアーズ/アルゼンチン)
エヒディオ・アレバロ・リオス(ラシン・クラブ/アルゼンチン)
カルロス・サンチェス(モンテレイ/メキシコ)
ディエゴ・ラクサール(ジェノア/イタリア)
ロドリゴ・ベンタンクール(ユベントス/イタリア)
フェデリコ・バルベルデ(デポルティボ/スペイン)

FW
エディンソン・カバーニ(パリ・サンジェルマン/フランス)
ルイス・スアレス(バルセロナ/スペイン)
マキシ・ゴメス(セルタ/スペイン)
ガストン・ペレイロ(PSV/オランダ)
クリスチャン・ストゥアーニ(ジローナ/スペイン)

・ベンタンクールが遂にA代表入り
前回パラグアイ代表に勝利して、2位浮上に成功したウルグアイ代表。今回も、バルセロナのルイス・スアレス、パリ・サンジェルマンのエディンソン・カバーニ、アトレティコ・マドリードのディエゴ・ゴディンといった錚々たる顔ぶれが代表に顔を揃えた。

また、今回はセルタで好調を維持するマキシ・ゴメスと、ユベントスの期待の新鋭ロドリゴ・ベンタンクールが初招集された。とくにユベントスの未来を背負うとまでいわれているベンタンクールには注目だ。今年行われたFIFAU-20ワールドカップでもその規格外のポテンシャルを見せつけていた。

ウルグアイ代表は、10月5日にベネズエラ代表と、10日にボリビア代表と対戦する。最後の2試合を何れも格下国との対戦としているウルグアイ代表だが、第一戦のベネズエラ代表に勝利すれば無条件でロシアワールドカップへの出場を確定させることができる。

ライバルとなるコロンビアやペルー、アルゼンチン、チリ、パラグアイ等といったチームと比べて有利な条件となっているウルグアイだが、はたして南アフリカ大会、ブラジル大会に続く3大会連続の本戦出場はなるだろうか。