「杉本健勇」タグアーカイブ

杉本健勇がヘタフェ移籍間近?セレッソに正式オファー届く

・杉本にヘタフェから正式オファー!
10日、セレッソ大阪に所属する日本代表ストライカー杉本健勇が、今冬の移籍マーケットでリーガ・エスパニョーラのヘタフェへ移籍することが濃厚であることがわかった。
続きを読む 杉本健勇がヘタフェ移籍間近?セレッソに正式オファー届く

日本代表メンバー27名発表!柴崎、武藤らが復帰 杉本もサプライズ選出

・日本代表メンバー発表!
24日、日本サッカー協会は8月31日、9月6日のロシアワールドカップアジア最終予選に向けた代表メンバー27名を発表した。

代表メンバーは以下の通り。

●GK
川島永嗣/メス(フランス)
中村航輔/柏レイソル
東口順昭/ガンバ大阪

●DF
酒井宏樹/マルセイユ(フランス)
長友佑都/インテル(イタリア)
酒井高徳/ハンブルガーSV(ドイツ)
槙野智章/浦和レッズ
昌子源/鹿島アントラーズ
植田直通/鹿島アントラーズ
三浦弦太/ガンバ大阪
吉田麻也/サウサンプトン(イングランド)

●MF
長谷部誠/フランクフルト(ドイツ)
井手口陽介/ガンバ大阪
山口蛍/セレッソ大阪
高萩洋次郎/FC東京
香川真司/ドルトムント(ドイツ)
小林祐希/ヘーレンフェーン(オランダ)
柴崎岳/ヘタフェ(スペイン)

●FW
久保裕也/ヘント(ベルギー)
本田圭佑/パチューカ(メキシコ)
乾貴士/エイバル(スペイン)
原口元気/ヘルタ・ベルリン(ドイツ)
杉本健勇/セレッソ大阪
大迫勇也/ケルン(ドイツ)
浅野拓磨/シュトゥットガルト(ドイツ)
武藤嘉紀/マインツ(ドイツ)
岡崎慎司/レスター・シティ(イングランド)

・杉本健勇が初招集!
まず、直近まで負傷離脱していたドルトムントの香川や、ケルンの大迫、パチューカの本田といった選手がこれまで通り選出された。
加えて、リーガエスパニョーラで好調を維持するヘタフェの柴崎、エールディビジで活躍するヘーレンフェーンの小林、マインツの武藤といった選手が復帰を果たした。

今回のメンバー発表で一番のサプライズとなったのは、今シーズンセレッソ大阪で得点を量産している杉本がフォワード登録選手の中で唯一の国内選手として選出されたことだろう。
今季Jリーグで23試合に出場し、14ゴールを挙げている杉本だが、負傷明けでコンディションが懸念される大迫の代役としてオーストラリア戦、サウジアラビア戦のベンチメンバーに入ることが予想される。

また今回発表されたメンバーは27名となっているが、最終的にアジア最終予選の試合では23名まで絞る必要があるため、必然的にこの中から4名が帯同しないことになる。そのあたりはハリルホジッチが実際に選手たちのコンディションを確認しながらチームを構築していくのだろう。

日本代表は、8月31日にオーストラリアと埼玉スタジアム2002で、9月6日にサウジアラビアとキング・アブドゥラー・スポーツ・シティーでそれぞれ対戦する。
どちらかの試合で勝利を掴むことができれば、ワールドカップへの出場権を獲得することができる日本代表だが、果たして勝利を手にすることができるだろうか。

セレッソ大阪杉本が日本代表入り?協会、代表スタッフが猛プッシュ

・ワールドカップ本戦出場に向けての切り札に?
セレッソ大阪所属のFW杉本健勇が、ワールドカップアジア最終予選オーストラリア戦、サウジアラビア戦に挑む日本代表に招集されるかもしれない。

杉本は、現在Jリーグで得点ランク2位となる11ゴールをマークしており、複数の関係者によれば日本サッカー協会や代表スタッフの間で彼の招集を推す声が上がっているそうだ。スピードとサイズを兼ね備えた数少ない選手であることから、選出されればワールドカップ本戦出場に向けて大きな切り札となる。

昨シーズンまでは「未完の大器」とも言われていたストライカーだが、現在J1で首位をひた走るセレッソ大阪でトップスコアラーとして君臨しているのが杉本だ。仮に日本代表メンバーに選出されれば、代表初招集ということになる。

そんな杉本は、J1昇格1年目となった今シーズン、センターフォワードとして定位置を確保し、20試合を消化した時点でこれまでのキャリア史上最高となる11得点をマークしている。「2試合に1ゴールというのがひとつの目標」と語っていたとおり、有言実行でゴールを量産してきた。

2015年5月には、代表候補合宿でハリルホジッチ監督に招集されており、セレッソ大阪の強化部門トップの大熊氏も、「杉本は日本代表の将来のためにもしっかり育成しないといけない選手」とかねてから話していた。

・サイズとスピードを併せ持つ万能型FW
187㎝という高さに加えて、足元の技術と速さを兼ね備えるいわゆる万能型ストライカーの杉本。仮にオーストラリア戦でメンバー入りすることになれば、体格差で大きな差がある相手に最前線で互角に渡り合える唯一のピースとなりえる。
さらに、これまでに年代別の代表を除けば国際Aマッチで顔見せをしたことがないため、まだ世界に知れ渡っていないというのも「隠し玉」として見込めるポイントだ。

年代別では、U-17ワールドカップやロンドンオリンピックでの出場経験があるが、彼が見据えているのはあくまでA代表での背番号「9番」だ。規格外のゴールハンターが、ワールドカップ本戦出場への救世主となるかもしれない。大迫勇也や岡崎慎司を脅かす存在になれるかどうか。

セレッソ大阪としても、杉本にはよりレベルの高い日本代表という組織の中で切磋琢磨してもらいたいところだろう。
尚、8月31日のホーム、オーストラリア戦に勝利すれば、6大会連続のワールドカップ出場が決定する。