「柴崎岳」タグアーカイブ

ウクライナ戦で得た課題、収穫 敗戦もマリ戦から改善された点も?

サイドチェンジで相手守備陣を翻弄するシーンも

本田現地時間27日、ベルギー・リエージュのスタンダール・リエージュのホームグラウンドである「スタッド・モーリス・デュフラン」で、「仮想ポーランド」ウクライナ代表と対戦した日本代表。

先制点を奪われた後に、セットプレーからの槙野智章の得点により一時同点とするが、終盤に途中交代の選手に勝ち越しゴールを許して1-2と敗れてしまった。

失意のドローに終わったマリ戦に続いて、今回も勝ち星を逃したハリルジャパンだが、前回の試合から改善された点もあり、内容自体は収穫もいくつかあった。

まず一つに、マリ戦から向上したポイントとして、アタッキングサードまでボールを運ぶ回数が飛躍的に上がったことが挙げられる。
最後の崩しの場面でウクライナの堅守の前に跳ね返されはしたものの、サイドチェンジ等を効果的に使ってウクライナディフェンスを翻弄するシーンもいくつか見受けられた。

裏のスペースを上手く突いて相手の最終ラインを掻い潜るシーンこそ乏しかったが、守備固めの早いウクライナ守備陣相手にストロングポイントを発揮することは少なからずできた。

2列目から走り込む選手が少なく、常に攻撃が停滞していた印象もあるが、この日先発に入った柴崎岳(ヘタフェ)の効果的なパスには攻撃の形の片鱗が見えていたし、ここに本田圭佑(パチューカ)、原口元気(デュッセルドルフ)、あるいは宇佐美貴史(デュッセルドルフ)や小林悠(川崎フロンターレ)といったアタッカーが積極的にゴール前に顔を出すことができるれば、決定機の数も飛躍的に上がるはず。

吉田、酒井、香川等の必要性が浮き彫りに

今回負傷やコンディション不良で招集されていない吉田麻也(サウサンプトン)、酒井宏樹(マルセイユ)、香川真司(ボルシア・ドルトムント)、岡崎慎司(レスター・シティ)といった「元」主力選手の必要性がはっきり浮き彫りになったという点も、まぎれもない収穫と言っていいだろう。

とりわけこの日スタメンに入ったサイドバックの酒井高徳(ハンブルガーSV)は、簡単にボールを失ったり相手ウィンガーのコノブリャンカ(シャルケ)に再三裏を取られる等マイナス面の方がより目立った。

マルセイユでブラジル代表ネイマール(パリ・サンジェルマン)をストップしている酒井宏樹の必要性、重要度を改めて認識することができたし、パスミスを繰り返した植田直通(鹿島アントラーズ)のところにも、本来吉田が入ると考えれば大幅に戦力は上がると考えていいだろう。

ワールドカップメンバー発表まで残すはガーナ戦のみとなったが、今回の欧州遠征で浮き彫りとなった課題を修正し、確認できたストロングポイントを着実に伸ばして本大会を迎えることができるだろうか…。

柴崎のスーパーボレーがリーガ公式の第4節ベストゴールに!

・リーガ公式の第4節ベストゴールに選出
バルセロナを相手に強烈ボレーを叩きこんで一躍ヨーロッパ中にその名を轟かせた日本代表でヘタフェの10番柴崎岳。このあまりにも美しい自身リーガエスパニョーラ初ゴールは、リーガエスパニョーラ第4節のベストゴールに選出された。

ドイツ代表ゴールキーパーのマルク=アンドレ・テア・シュテーゲンでさえも「なすすべが無かった」と脱帽したこのシュートは、またたくまに世界中の欧州サッカーハイライトに映し出され、今なお各地で称賛の声がやまない。スペインの地でベストゴールに選手された日本人選手はこれまでにおらず、柴崎は「日本人初」の快挙を成し遂げたことにもなる。

スペインメディアは然ることながら、その他世界中のメディアが「美しいボレー」「歴史を塗り替えた」「天才的な輝き」「まるで絵画のような芸術作品だ」等あらゆる表現でこのたったひとつのスーパーゴールに賛辞を送っている。

今節のベストゴールにこの柴崎のボレーを選出したリーガエスパニョーラは、公式サイトにて「ガクシバサキの左足から放たれたシュートは、マッチデー4における5つ星のゴールとなった」と紹介するとともにあらためてそのゴールシーンの動画を掲載した。

加えて、「ペナルティエリア外から正確無比なシュートでテア・シュテーゲンが守るゴールを射ぬいてバルセロナから先制点を奪った。レアル・マドリード、バルセロナの両チームから得点を奪ったはじめての日本人となった。」と記しており、スペインのメガクラブ2つからインパクトのあるゴールを決めた快挙を改めて称えている。

・10月の代表選は帯同困難か?
このゴールを決めた後、柴崎は左足を負傷してピッチを後にし、後日のクラブ会長からの発表で全治1ヶ月~1ヶ月半を要することが判明した。来月に行われる日本代表戦2試合(ニュージーランド戦、ハイチ戦)、またリーガでのレアル・マドリード戦等の出場が懸念されるが、できるだけ早期の回復を期待したい。そして、またヨーロッパ中を驚かせるような芸術的なプレーを楽しみにしたい。

来月のキリンチャレンジカップでの代表合流が困難だとしても、再来月に行われる予定の欧州遠征のビッグマッチ(ブラジル、フランス、ベルギー、スイス等が対戦相手候補)には帯同できるはずだ。

柴崎岳先発出場のヘタフェ、難敵ビルバオ相手にアウェーで勝ち点もぎ取る

・2トップの一角として先発した柴崎
現地時間20日、リーガエスパニョーラの開幕節が行われ、日本代表入りを目指す柴崎岳が所属するヘタフェはアスレチック・ビルバオとアウェーで対戦した。

2部テネリフェから移籍し、いきなりチームの10番を背負うことになった柴崎だが、この日は戦前の予想とは少し異なるポジションで起用された。メディアプンタ(いわゆるトップ下)でのプレーが予想されたが、ストライカーのモリーナと2トップを組むような形で先発出場した柴崎。

もともとフィジカルで勝負をするタイプの選手ではないため、空中戦に手こずっている感はあったものの、足元にボールが渡った際には精力的に前の選手へボールを散らしていた。自身でもヘディングで果敢にゴールを狙った。だが、前半は決定的なシーンを演出するには至らなかった。

後半に入っても前線でタメを作る動きが求められた柴崎だが、14分には巧みにボールをキープし右サイドへ展開するなど一定の存在感を見せた。しかし、アルバロが退場したことによってチームが数的不利になると、右サイドの穴埋めが急務となり柴崎はセルヒオ・モラと交代しピッチを退いた。

・ヘタフェ疑惑の判定でゴールならず…
ヨーロッパリーグの予選を戦った後中2日でヘタフェ戦を迎えたビルバオだが、終始ヘタフェ陣内でプレーし多くのチャンスを作った。だが、決定的なシュートはことごとく外れなかなかゴールネットを揺らすことができない。
この試合の一番大きなチャンスは逆にヘタフェの方で、前半8分、セットプレーからホルへ・モリーナがヘディングで合わせたボールはビルバオ守護神ケパがライン上でかきだしたように見えた。

しかし、これはそう見えただけで、ビデオでチェックすると実際は明らかにゴールラインを割っていた。このシーンを見る限り、リーガエスパニョーラでもあらためビデオアシスタントレフェリーの導入を検討する必要があるのではないかと感じさせられた。

結局両者最後まで得点を奪うことができずに、試合はスコアレスドローに終わった。昇格組のヘタフェにとっては、アウェーで難敵のアスレチック・ビルバオ相手に勝ち点1をもぎ取れたことは大きな収穫だったといって差し支えないだろう。
さて、柴崎は次節も先発メンバーに入れるだろうか。今シーズンの活躍に注目だ。


誰が勝つのか!?
誰が勝つのか!?

ヘタフェの「新10番」柴崎がジローナ戦で決勝ゴール!各誌絶賛の嵐!

・決勝ゴールの柴崎に称賛の嵐
現地時間5日、柴崎岳が所属するテネリフェはジローナとテストマッチを行い、この試合に柴崎が先発出場を果たした。

開幕スタメンに向けてアピールしたい新加入組の柴崎は、キックオフ直後からトップギアでハードワークする。4-2-3-1のボランチに入り、猛暑の中中盤の広い範囲で駆け回りチームに安定感を齎した。

77分には、ジローナディフェンスのバンボ・ディアビのミスを突いてボールを奪取し、そのままペナルティエリア内に侵入してこの日の決勝点となるゴールを決めた。その後85分にお役御免というかたちで交代している。

チームの新10番となったこの日本人プレイヤーに対して、全国紙『アス』は賛辞を贈っている。
「ガク・シバサキはこのチームにおいて非常に重要な選手だ。前半はジローナ、後半ヘタフェのペースとなったこの試合、この日唯一となる得点を決めるなど終始クオリティの高いプレーを披露していた。なんといってもボールタッチの質が高い。加えて彼は38度という酷暑の中85分の交代までハードワークし続けたのだ」と綴り、「ガクはこのチームにおいて明らかに違いを作っていた」と締めくくった。

ジローナの地元カタルーニャの『Diary of Girona』紙も柴崎について、「この日本人は実にしたたかにディアビのボールをくすね取った。そしてキーパーのイライソスの壁もいとも簡単に破った」と称賛している。テストマッチにおいて敵チームからこのように個別で賛辞のコメントを受けるというのはそうそうないことだ。

また、老舗スポーツ紙『マルカ』は、「後半ヘタフェの中でとりわけ目立っていた選手は怪我明けのファン・カラとガク・シバサキだ。とくにヘタフェの中盤におけるガクの仕事量は圧倒的で、ひときわ異彩を放っていた。遂には決勝ゴールまであげてしまい、ヘタフェのプレシーズンマッチ初勝利に貢献した。」と報道している。

柴崎の他にも数多くの新戦力を加えたヘタフェだが、激化する中盤の定位置争いでこのサムライは1歩も2歩もリードしたように思える。残り2週間と迫ったリーガエスパニョーラ開幕戦のアスレチック・ビルバオ戦に向けて、この上ないアピールに成功した。
ひょっとすると、来る8月31日、9月6日のワールドカップアジア最終予選の日本代表メンバーにも召集されるかもしれない。

柴崎VS乾の日本人対決にスペイン紙も注目 今季こそ初の日本人対決実現なるか

・柴崎VS乾にマドリード紙も注目
現地時間21日、リーガ・エスパニョーラが2017-18シーズンの日程を発表したが、マドリード紙『CAPITOL DEPORTE』が、序盤戦の注目カードに、柴崎岳が所属するヘタフェと乾貴士が所属するエイバルによる日本人対決を挙げた。

少し前までは、リーガエスパニョーラで日本人同士の対決が実現するということ自体夢物語だったが、そんな彼らの対戦の可能性にスペイン紙がスポットを当てる時代になったという訳だ。

『CAPITOL DEPORTE』は、両者の対戦についてこのように綴っている。
「ガクがヘタフェへ移籍したということは、エイバルに所属するイヌイタカシとの同国対決が実現するということになる。日本人同士が対戦するということは、リーガエスパニョーラの歴史上はじめてのことだ。日出ずる国のサポーターたちは、この2人の対戦を心待ちにしていることだろう。なぜなら、彼らは今の日本サッカーシーンにおいて代表するプレイヤーだからだ。第一戦は15節12月10日にヘタフェの本拠地で、第二戦は34節来年4月22日にエイバルのホームで開催される。」

・直接対決ならスペイン初
スペイン紙がこのように日本人のことを取り上げていること自体喜ばしいことだ。ちなみに、昨シーズンはハノーファーからセビージャへ加入した清武弘嗣がとりわけ注目を集めたが、最終的にはベンチメンバーに入ることさえままならず、冬のマーケットでセレッソ大阪へ移籍してしまった。
また、注目された乾との日本人対決もこれまた実現しなかった。第一戦は清武がフル出場するも乾がメンバー外、第二戦は清武がチームを去ったことで実現せず。

2部リーグに目を移しても日本人対決が実現した例はない。昨シーズンは、テネリフェの柴崎とタラゴナの鈴木大輔のマッチアップが期待されたが、両者がピッチ上で顔を合わせることは無かった。

柴崎と乾の初対決は、12月の15節とまだまだ先の話だが、冬までに両者がチームで確固たる地位を築き上げていることを願おう。両選手は、どんなかたちでシーズンをスタートさせ、直接対決の日を迎えるのだろうか。その日に至るまでの2人の歩みにも注目だ。
来年開催されるロシアワールドカップで、この2人が代表チームの中心になっていてもなんら不思議ではない。

背番号「10」を託された柴崎の初戦の相手は…?リーガ開幕戦カード発表!

・柴崎加入のヘタフェはビルバオと
現地時間21日、リーガエスパニョーラ開幕戦の対戦カードが発表された。発表は、アンヘル・マリア・ビジャール会長が逮捕されたことにより1日遅れとなった。

開幕戦の対戦カードは以下の通り。

<リーガエスパニョーラ第一節>
デポルティボvsレアル・マドリー
バルセロナvsベティス
アトレティコ・マドリーvsジローナ
セビージャvsエスパニョール
アスレティック・ビルバオvsヘタフェ
ビジャレアルvsレバンテ
セルタvsレアル・ソシエダ
アラベスvsレガネス
バレンシアvsラス・パルマス
マラガvsエイバル

・開幕戦の見どころは?
さて、開幕戦の対戦カードで、まず気になるのはなんといっても柴崎岳が新加入したヘタフェだ。今日行われた入団会見で、エースナンバーである背番号「10」を付けることが明らかになった柴崎だが、初戦の相手は強豪アスレティック・ビルバオに決まった
。今シーズンからバルセロナで指揮を執るエルネスト・バルベルデに率いられた昨シーズンは、ヨーロッパリーグに出場し、リーグ戦も7位でフィニッシュしている。そんな難敵の本拠地サン・マメスで、柴崎がリーガエスパニョーラデビューを飾ることになる。

昨シーズン覇者のレアル・マドリードは、デポルティボと、2位のバルセロナはベティスと、3位のアトレティコ・マドリードはヘタフェ同様昇格組のジローナとそれぞれ相まみえる。日本代表の乾貴士が所属するエイバルは、難敵マラガとのアウェー戦に挑む。

尚、世界中が注目するレアル・マドリードとバルセロナによる伝統の一戦「クラシコ」は、12月の17節、5月の36節に振り分けられた。

今シーズンはなんといっても柴崎岳が悲願の1部の舞台でレアル・マドリードやバルセロナと対戦するというのが一番の楽しみであり見どころだが、レアル・マドリード戦は10月の第8節に、バルセロナ戦は9月の第4節で実現。
比較的早い段階で強豪2チームと対戦することになったヘタフェだが、はたして昇格プレーオフで最後のイスを勝ち取ったこのチームは、これらの強豪相手にアップセットをおこすことができるだろうか。

10番を託されることになった柴崎が、昨年のクラブワールドカップや、先日の昇格プレーオフの準決勝、決勝戦で見せたようなクオリティを発揮することができれば、そうしたことも夢ではなくなる。9月のバルセロナ戦、10月のレアル・マドリード戦を心待ちにしていよう。