「森岡亮太」タグアーカイブ

日本代表がベルギー遠征の背番号発表 中島は「18」森岡は「10」

初招集の中島は「18」森岡は「10」

中島現地時間21日、日本サッカー協会はベルギー遠征のマリ代表戦、ウクライナ代表戦で日本代表が着用する背番号を公開した。
続きを読む 日本代表がベルギー遠征の背番号発表 中島は「18」森岡は「10」

日本人選手推定市場価格ランキングトップ30発表!

日本人選手推定市場価格ランキングトップ30

香川ドイツの移籍情報専門サイト『transfermarkt』が、全世界のフットボーラーを対象とした推定市場価値を算出したデータを発表した。そこで今回は、価値のついた世界中のプロフットボーラーの中から、日本人だけをピックアップし、ランキング形式で紹介。
続きを読む 日本人選手推定市場価格ランキングトップ30発表!

森岡がベルギーリーグ週間MVPに選出される 早くも今季10アシスト

・森岡がベルギーリーグ週間MVP獲得
現地時間20日のベルギージュビラー・プロリーグ第22節のシント・トロイデン戦で、アシストをマークしたワースラント=ベフェレンに所属する日本代表MF森岡亮太。
続きを読む 森岡がベルギーリーグ週間MVPに選出される 早くも今季10アシスト

欧州遠征に挑む日本代表がメンバー発表 香川、本田、岡崎は選外

・香川、本田、岡崎選外
今日日本サッカー協会は、来月のブラジル代表戦およびベルギー代表戦のヨーロッパ遠征に向けた日本代表メンバーを25人発表した。
続きを読む 欧州遠征に挑む日本代表がメンバー発表 香川、本田、岡崎は選外

来月キリンチャレンジカップに新たな海外組を招集か?

・新たに欧州組が加わる?
来年開催のワールドカップに向けて、ハリルホジッチが「欧州組」の新戦力発掘を目指しているようだ。

日本代表指揮官のバヒド・ハリルホジッチは、プライベートな問題で9日に離日。その際に、「来月のキリンチャレンジカップの代表リストにはこれまでになかった名前が入ることになるだろう」と、今後に向けて新戦力を生み出す方向性でいることを強調。10月6日のニュージーランド戦、10日のハイチ戦にサプライズ招集があるかもしれない。

5月の代表発表では、ブルガリア1部のベロエ・スタラザゴラでプレーするディフェンシブミッドフィルダーの加藤恒平を招集するなど注目を集めたハリルホジッチ。ここから、そうした新戦力発掘に向けてその速度を加速させていく意向のようだ。代表はすでに3名の外国人スタッフを世界各国に派遣しており、ヨーロッパの舞台で通用するクオリティを持っている選手をその目で見極めようとしている。

・森岡は代表内定?
例えば、ベルギージュピラー・プロ・リーグのワースランドベベレンで今シーズン無双中のアタッカー森岡亮太や、スペイン2部のタラゴナでプレーするディフェンダー鈴木大輔等はそのリストの最上位に名前が挙がっていることだろう。

とりわけ森岡は、先日のリーグ戦でも2ゴール1アシストと大暴れし、今シーズンすでにリーグ戦で4ゴールをマークしているのだ。尚、同じくジュピラー・プロ・リーグでプレーする日本代表のエース候補でもあるヘントの久保裕也は、今季依然としてノーゴールと大スランプに陥っている。

同じリーグで0ゴールのフォワードと、4ゴールのアタッカーがいて、どちらの選手をチョイスするかといえば、単純な結果だけで言えば無論後者となる。アギーレジャパン時代に代表で10番を背負ったこともある逸材だが、はたして来月の代表合宿に彼の名前はあるのだろうか。

森岡、鈴木以外で言えば、今夏FC東京からポルトガルプリメイラリーグのポルティモネンセに渡った中島翔哉も見てみたい。その他マッテルスブルク所属の奥川雅也、フランクフルト所属の鎌田大地、トロント所属の遠藤翼といった代表未経験の有望株も複数人いる。今回挙げた選手の何れかは来月の代表合宿に参加することになるだろうが、現代表メンバーとの調和にも注目だ。

日本代表入りへ猛アピール!森岡は2ゴール1アシストと大爆発!

・森岡が日本代表入りへ猛アピール
現地時間9日、ベルギージュビラーリーグ第6節が行われ、元日本代表森岡亮太が所属するベフェレンはオイペンと対戦した。

ここまでリーグ戦わずか1勝にとどまり10位甘んじているベフェレンだが、チームで孤軍奮闘する森岡をこの日も先発で起用。14位と低迷するオイペン相手に、なんとしてでもシーズン2勝目を挙げたいところだ。

そんなベフェレンは、この日も森岡を中心にアタッカー陣が攻撃を展開する。すると16分に待望の先制ゴールを奪取。右からのクロスをペナルティエリア内に走り込んでいた森岡がヘディングで折り返し、これをチームメイトのセックが巧みに合わせてゴール。森岡は早速アシストをマークした。

良い立ち上がりを見せた森岡は、この日は自らも得点を奪う。ペナルティエリア内で競り合ったアンポマーが落としたボールに、勢いよく走り込んできた森岡が合わせてベフェレンが2-0とオイペンを突き放した。

森岡の勢いは止まらない。前半アディショナルタイムに再びオイペンのゴールネットをゆらす。今度はペナルティエリア手前でボールを受けた森岡、パスを受けた瞬間にすかさず前を向いてそのままシュート。これが相手ディフェンダーに当たってディフレクトし、そのままオイペンゴールに吸い込まれた。

前半だけで2ゴール1アシストの森岡の活躍で、ベフェレンが3-0で前半を折り返す。後半も手を緩めないベフェレンは、森岡を下げた終盤に2ゴール追加し、終わってみれば5-1と圧勝で試合を終えた。この勝利により、2勝2敗2分けとしたベフェレン。次節勝利すれば通算成績で勝ち星が上回る。

さて、シーズン開始から大活躍の森岡だが、残り2,3試合で同様の活躍を見せることができれば、いよいよ代表メンバー入りも現実味を帯びてくるだろう。
ロシアワールドカップアジア最終予選でオーストラリア代表に快勝し、ロシア行きのチケットを手にした日本代表だが、来月キリンチャレンジカップ2017が行われ6日に豊田スタジアムでニュージーランドと、10日に日産スタジアムでハイチと対戦する。次回のこの代表メンバー発表で、ハリルホジッチから「モリオカ」の名前が初めて呼ばれることになるかもしれない。