「酒井弘樹」タグアーカイブ

酒井所属のマルセイユは来シーズンリーグアン優勝争いを繰り広げられるか

・マルセイユは2強の牙城を崩せるか
リーグアンといえば、近年はパリ・サンジェルマンとモナコのあまりにわかりやすい「2強」の構図となっており、常に両者が優勝を争ってきた。だが、2017-18シーズンはこれら2強の牙城を崩すチームが現れるかもしれない。そのチームとは、日本代表の酒井弘樹が所属するオリンピック・マルセイユだ。

2016-17シーズンは5位に終わり、王者となったモナコとの勝ち点差は30以上離されたマルセイユ。しかし、目標に掲げていたヨーロッパリーグの予選への出場権は勝ち取り、今夏は積極的にタレントを補強している。

今夏既にゴールキーパーにティーブ・マンダンダ、ディフェンダーにアディル・ラミ、中盤には現ブラジル代表のルイス・グスタヴォ、アタッカーにヴァレール・ジェルマンといった逸材を獲得した。昨シーズンの冬にはウエストハム・ユナイテッドからディミトリ・パイェ、ユベントスからパトリス・エブラといった経験豊富な即戦力の獲得にも成功。

イギリスメディア「Squawka」は、そんなマルセイユのメンバーの面々を見てみると、2017-18シーズンにサプライズを起こす可能性が十分にあると期待している。

さらに、マルセイユは最前線の補強候補としてセルティックの新鋭ムサ・デンベレ、ミラン所属でコロンビア代表のカルロス・バッカといった選手をリストアップしている。彼らのような即戦力となりうるレベルのゴールゲッターを獲得することができれば、さらにその可能性は広がっていくだろう。

・来季予想スタメンが超豪華!
加えて同メディアは来シーズンのマルセイユの予想スタメンをこのように予想している。
ゴールキーパーに新加入のマンダンダ、最終ラインは左サイドバックにエブラ、右に酒井弘樹、センターバックは新加入のラミとロランドがタッグを組み、ボランチにモルガン・サンソンと新加入のルイス・グスタヴォ、2列目にパイェ、フロリアン・トバン、トップ下に新加入のジェルマン、そしてセンターフォワードに期待を込めてデンベレをチョイスしている。

積極的な補強を見せているマルセイユは、8月に入ってもその勢いを緩めないだろう。これらの選手の中にさらに実力者が加わる可能性もある。
少なくとも、昨シーズン3位に入って最後まで優勝争いを面白くさせたニースのような存在にはなりえるのではないだろうか。来シーズンも、酒井の闘志あふれるプレー、そしてマルセイユの躍進に期待しよう。