「韓国代表」タグアーカイブ

セネガル、コロンビアも無得点で本戦に不安残す【国際親善試合結果】

最新国際親善試合結果

ロシアワールドカップ開幕直前テストマッチ試合結果一覧。
続きを読む セネガル、コロンビアも無得点で本戦に不安残す【国際親善試合結果】

イ・スンウが初招集!韓国代表がW杯に挑む候補メンバー35名を発表

バルサ下部組織出身の至宝が遂に代表入り

イ・スンウ現地時間14日、韓国サッカー協会はロシアワールドカップに挑む韓国代表候補メンバー28名+予備メンバー7名を発表した。
続きを読む イ・スンウが初招集!韓国代表がW杯に挑む候補メンバー35名を発表

韓国代表がメンバー発表 ソン・フンミン等欧州組順当選出

ソン・フンミン、キ・ソンヨン等順当選出

フンミン現地時間12日、韓国サッカー協会は、今月のインターナショナルマッチウィークにおける北アイルランド戦、ポーランド戦に向けた韓国代表メンバー23人を発表した。
続きを読む 韓国代表がメンバー発表 ソン・フンミン等欧州組順当選出

【ロシアワールドカップ出場国紹介】韓国代表

ロシアW杯出場国紹介:韓国代表

ソン・フンミン今年6月に開幕するロシアワールドカップ。当ブログでは、そんなワールドカップの出場全32か国を1チームずつ紹介していく。
第2回目は、日本と同様アジア最終予選から勝ち上がりを決めた韓国代表だ。
続きを読む 【ロシアワールドカップ出場国紹介】韓国代表

ソン・フンミンがホーム5戦連発 14年前のあの男の記録に並ぶ

・ホーム5戦連発のソン・フンミン
現地時間13日、イングランドプレミアリーグ第23節が開催され、トッテナム・ホットスパーは本拠地ウェンブリーでエバートンと対戦した。
続きを読む ソン・フンミンがホーム5戦連発 14年前のあの男の記録に並ぶ

ソン・フンミンの市場価値はとうとう90億円越え!?

・韓国のエースに90億円の価値?
現地時間9日、国際サッカー連盟傘下の国際スポーツ研究センター(CIES)が「ヨーロッパ5大リーグ選手の市場価格」をランキング形式で発表した。
また、韓国紙『朝鮮日報』によると、トッテナム・ホットスパーでプレーする韓国代表FWソン・フンミンが56位にランクインしたそうだ。
続きを読む ソン・フンミンの市場価値はとうとう90億円越え!?

2017年アジア版バロンドールに輝いたのは…投票結果

・韓国代表のエースが3度目の受賞
現地時間6日、中国大手メディア「タイタン・スポーツ」が創設した「Best Footballer in Asia」が、「アジア版バロンドール」として2017年のアジア最優秀選手賞を発表した。
続きを読む 2017年アジア版バロンドールに輝いたのは…投票結果

最新FIFAランク発表!E-1選手権を終えた日本代表の順位は?

・日本は2ランクダウン
今日、国際サッカー連盟は最新のFIFAランキングを更新。11月のランキングで、44位から55位へと大きく順位を落とした日本は、今回も2ランクダウンで57位に。
続きを読む 最新FIFAランク発表!E-1選手権を終えた日本代表の順位は?

ハリルジャパン 韓国との最終決戦はベスト布陣で挑む?

・優勝かかる韓国戦はベストメンバーで挑む
13日、E―1選手権(旧東アジア選手権)に出場している日本代表は優勝をかけて挑む韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。
続きを読む ハリルジャパン 韓国との最終決戦はベスト布陣で挑む?

E-1選手権に挑む韓国代表メンバー発表 Jリーグから4人参戦

グループステージ・2018ワールドカップ
2017年12月2日を更新しました

・E-1選手権に挑む韓国代表メンバー発表
現地時間21日、韓国サッカー協会は「EAFF E-1サッカー選手権2017決勝 日本大会(前東アジア選手権)」に挑む韓国代表メンバー24人を発表した。
続きを読む E-1選手権に挑む韓国代表メンバー発表 Jリーグから4人参戦

コロンビアと激突の韓国代表が25人のメンバー発表

・韓国代表が25人のメンバー発表
現地時間30日、韓国サッカー協会(KFA)は、今月行われるロシアワールドカップに向けた強化試合2試合に向けた韓国代表メンバー23名を発表した。
続きを読む コロンビアと激突の韓国代表が25人のメンバー発表

韓国代表も強豪国とのマッチメイクに成功 コロンビアと激突

グループステージ・2018ワールドカップ
2017年12月2日を更新しました

・韓国もW杯出場国と激突
現地時間19日、韓国サッカー協会は11月のインターナショナルマッチウィークで対戦する相手2ヶ国を発表した。
続きを読む 韓国代表も強豪国とのマッチメイクに成功 コロンビアと激突

韓国代表メンバー23名発表 選出選手はなんと全員海外組

・全員海外組の韓国代表
現地時間25日、韓国サッカー協会は来月予定しているヨーロッパ遠征に挑む韓国代表メンバー23人を発表した。

グループ2位で辛くもロシアワールドカップへの出場権を獲得した韓国。最終予選の大一番となったラスト2試合でも、イラン、ウズベキスタン相手に2引き分けとなった同代表だが、10月7日にモスクワでワールドカップホスト国のロシアと、10日にスイスでモロッコと対戦する予定となっている。

発表されたメンバーには、トッテナム・ホットスパーの主力であるソン・フンミンや、スウォンジー・シティのキ・ソンヨン、クリスタルパレスのイ・チョンヨンといったプレミアリーグ勢に加えて、ブンデスリーガアウクスブルクでプレーするク・ジャチョルやチ・ドオンウォン、リーグ1ディジョンでプレーするクォン・チャンフンといった欧州勢が集結している。尚、南野のチームメイトであるザルツブルクのファン・ヒチャンは今回は選外となった。

その他ガンバ大阪のフォワードファン・ウィジョ、FC東京のミッドフィルダーチャン・ヒョンス、アルビレックス新潟のディフェンダーソン・ジュフン等Jリーグ勢が9名選出された他、UAEのアル・ワフダからイム・チャンオ、カタールのアル・ドゥハイルからナム・テヒ、中国の名門広州恒大からキム・ヨングォンといったアジア勢も選出された。

驚きなのが、母国Kリーグでプレーする選手が一人も入っていないことだ。登録メンバー23人が全員海外組選手で編成されている。

韓国代表メンバー23名は以下の通り。
GK
キム・スンギュ(ヴィッセル神戸/日本)
キム・ジンヒョン(セレッソ大阪/日本)
ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌/日本)

DF
オ・ジェソク(ガンバ大阪/日本)
キム・キヒ(上海申花/中国)
キム・ヨングォン(広州恒大/中国)
ソン・ジュフン(アルビレックス新潟/日本)
イム・チャンオ(アル・ワフダ/UAE)
ユン・ソクヨン(柏レイソル/日本)
キム・ジュヨン(河北華夏/中国)

MF
チョン・ウヨン(重慶力帆/中国)
キ・ソンヨン(スウォンジー/イングランド)
クォン・ギョンウォン(天津権健/中国)
ソン・フンミン(トッテナム/イングランド)
キム・ボギョン(柏レイソル/日本)
チャン・ヒョンス(FC東京/日本)
ナム・テヒ(アル・ドゥハイル/カタール)
ファン・イルス(延辺富徳/中国)
ク・ジャチョル(アウクスブルク/ドイツ)
イ・チョンヨン(クリスタル・パレス/イングランド)
クォン・チャンフン(ディジョン/フランス)

FW
チ・ドンウォン(アウクスブルク/ドイツ)
ファン・ウィジョ(ガンバ大阪/日本)

日本の敗戦によりオーストラリアがプレーオフへ シリアも3位死守

・アジア最終予選最終節試合結果
現地時間5日、ロシアワールドカップアジア予選最終節が行われ、日本代表対サウジアラビア代表、ウズベキスタン代表対韓国代表等注目の試合が行われた。各試合結果は以下の通り。

<アジア最終予選最終節試合結果>
▲グループA
イラン2-2シリア
ウズベキスタン0-0韓国
カタール1-2中国
【韓国、9大会連続10回目W杯出場権獲得】
【シリア、アジアプレーオフ進出】

▲グループB
オーストラリア2-1タイ
イラク1-0UAE
サウジアラビア1-0日本
【サウジアラビア、3大会ぶり5回目W杯出場権獲得】
【オーストラリア、アジアプレーオフ進出】

・シリア、オーストラリアがプレーオフへ
引き分け以上でロシア行きのチケットを手にすることができる韓国は、勝利が絶対条件のウズベキスタンとアウェーで対戦。トッテナム・ホットスパー所属のソン・フンミンや、ザルツブルクで無双中のファン・ヒチャンら先発の韓国だったが、最後まで決定機を活かすことができず結局スコアレスドローに終わった。

この結果、韓国が9大会連続10回目W杯出場権獲得。3位のシリアが首位イランに引き分けたため、シリアが3位となりプレーオフ進出。ウズベキスタンは4位のままとなり予選敗退が決定。

グループBでは波乱が起きた。既に首位での通過を決めている日本がアウェーでサウジアラビア相手に敗戦。レスター・シティ所属の岡崎慎司や、パチューカ所属の本田圭佑らが先発に名を連ねたが、この日はアタッカー陣が不発に終わり、逆にホームの大声援を受けるサウジアラビアに虎の子の一発を沈められた。

この試合の前に行われたオーストラリア対タイの試合は、ジュリッチ、レッキーの得点で2-1でオーストラリアが勝利。しかしながら、サウジアラビアが日本相手に勝ち点3を奪取するという番狂わせが起きたため、オーストラリアが3位のまま順位を上げることができず結果プレーオフへ回ることになった。

アジアプレーオフは、来月5日と10日にホームアンドアウェーで行われ、シリアとオーストラリアが最後の1枠をかけて争う。このアジアプレーオフで勝利したチームが、北中米カリブ海予選4位との対戦資格を得ることとなり、この大陸間プレーオフを制したチームが晴れてロシアワールドカップへの切符を手にすることとなる。
ドイツ大会、南アフリカ大会、ブラジル大会と3大会連続でワールドカップに出場しているオーストラリアにとっては、先2ヶ月間非常に険しい道のりが待ち受けることとなる。