「UAE代表」タグアーカイブ

サウジアラビアがUAEに敗れる波乱!日本にとってはこの上ない追い風に

・サウジアラビアが痛恨の黒星…
現地時間29日、ワールドカップアジア最終予選の第9節の1試合が行われ、日本代表、オーストラリア代表と三つどもえの争いを展開しているサウジアラビア代表と、初戦で日本を負かしたUAEが激突した。

勝ち点1差で首位の日本を猛追する2位サウジアラビアと、勝利すればまだワールドカップ出場へ望みがつながるUAEの中東対決。
日本との最終節を前に確実に勝ち点を積み上げて暫定首位に立っておきたいサウジアラビアは、幸先よく先制に成功する。ヤシル・アルシャハラニのラストパスに抜け出したナワフ・アルアビドがペナルティエリア内で相手に倒されペナルティキックを獲得。

今予選で好調を維持するナワフ・アルアビドが自らこのPKを沈めてサウジアラビアが1-0とする。だが、そのわずか1分後にUAEも反撃に出る。左サイドからのアーリークロスに中でフリーでいたアリ・マブフートが反応。華麗なトラップから放たれたシュートはサウジゴールに突き刺さり試合を振り出しに戻した。

常に両サイドバックが高いポジション取りをし攻勢に出るサウジアラビアだったが、勝ち越しゴールはUAEに訪れる。後半14分、日本戦でも2ゴールを叩きこんだアハメド・ハリルが豪快なミドルシュートを突き刺して2-1と逆転に成功する。

最終節が日本代表との直接対決であることを考えると、是が非でも勝ち点が欲しいサウジアラビアはその後も猛攻をしかけるが、なかなか得点を奪うことができない。結局試合はこのままタイムアップし、4位のUAEが2-1で2位サウジアラビアを下した。

よもやのライバル敗戦によって、ハリルジャパンにとってはワールドカップ出場に向けてこの上ない追い風が吹いた格好だ。もともとオーストラリアに勝利すればその時点でワールドカップ行きが決まる日本代表だったが、万が一引き分け、あるいは負けてしまった場合でも、最終節のアウェーサウジアラビア戦で引き分ければグループ2位以内が確定し、ワールドカップへストレートインすることができる。

ようするに、日本代表はこの2試合で「連敗」を喫しない限り、6大会連続6回目となるワールドカップ出場権を得られることとなる。とはいえ、そうした状況から気の緩みが生じることが最も怖い。日本代表にはオーストラリア戦はあくまで「勝たなければ突破できない」という気持ちで挑んでほしい。

アフロヘアでお馴染みのオマルがついに欧州挑戦?ニースが獲得に乗り出す

・オマルがついに欧州上陸か?
とうとうあのアジアの天才がヨーロッパへ上陸するかもしれない。
現地時間3日付けのフランスメディア『フットボールフランス』によると、フランスリーグアンの名門ニースが、UAE(アラブ首長国連邦)代表の10番、オマール・アブドゥルラフマーンの獲得に本腰を入れ始めているようだ。

フットボールフランスによると、今夏のアタッカーの獲得を至上命題としているニースは、オマール・アブドゥルラフマーンをリストアップの最上位に挙げたようで、先日から移籍の噂がでているオランダ代表のウェズレイ・スナイデルを、その為替案に定めたようだ。
つまり、アブドゥルラフマーンの獲得に失敗した場合、スナイデルの獲得に乗り出すということだが、このUAEのテクニシャンにどれだけ興味を抱いているかということがこれだけで窺える。

加えて同メディアは、アブドゥルラフマーンをアジア屈指のスーパースターであると紹介している。2015年のアジアカップでは決勝トーナメントで日本を破る大金星を挙げるなどチームのベスト4進出に大きく貢献。翌2016年にはアジア年間最優秀選手にも選出されている。

一時はマンチェスター・シティのチーム練習に参加するためにイングランドへ渡り、そのままシティの一員になるかと思われた。4年契約での合意が間近に迫っていたが、直前でビザの取得が困難になったことで、ヨーロッパ挑戦を断念したという経緯がある。

・商業面でもメリットが大きい?
またフットボールフランスは、彼の特徴的なヘアースタイルにも注目。今やお馴染みとなったアブドゥルラフマーンのアフロヘアーは、マーケティング面でも大きな働きを見せるかもしれないと伝えている。
プレースタイルは然ることながら、そうしたビジュアル面でもニースの顔として人気をはくするかもしれない。また、アジアの新規ファン獲得、グッズ収入、その他スポンサー収入等、アジアのスターを獲得することで得られる「旨み」も計算できるのではないかと予測している。

ニースといえば、元ブラジル代表のセンターバック、ダンテや、元イタリア代表のストライカー、マリオ・バロテッリといったスターが在籍している。
先日のチャンピオンズリーグ予選でも難敵アヤックスを退けてプレーオフへ駒を進めている。ひょっとすると来季は日本のライバルでもあるアブドゥルラフマーンをチャンピオンズリーグの舞台で拝見することができるかもしれない。